スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メークロンを離れる・・・

毎度まいどの予約投稿です。
ちょっと手抜き感があるかもしれませんがお許しください。

「ローカル線を行く②」シリーズです。
いよいよ今回で、念願だったメークロンの街を離れちゃいます。さいなら~


 メークロン駅の切符売り場 メークロン駅から列車に乗って・・・


動き出す前に、何人かの外国人観光客と一緒に・・・
1番前の車両の1番前に陣取って、通り過ぎる市場の写真や動画をいっぱい撮ってました。


 メークロン駅から帰る・・・ こんな感じ・・・


 メークロンから帰る・・・ さー、いよいよ出発で~す!


ちっちゃな窓からのぞく線路の先は・・・
もぅ すっかりテントがたたんであって、出発を今か今かと待ち構えていました。


  列車が少しづつ動き出しました 少しづつ・・・


ゆっくり、ゆっくり、動きだしました。

ふと見ると・・・
乗降口は、やっぱり開いていて・・・


 動く列車から撮ったメークロン市場 その先には、たくさんの商品が・・・


列車のスピードが遅いから・・・
線路そばで待ち構えている観光客が、身体を線路の方に出して写真撮影してたりします。


  列車が市場を通過します 線路のスグ横の地面に置いた商品は・・・


列車は踏み潰さずに、その上を走っていきます。

念願だったメークロン市場・・・
見てまわったのは少しだったけど、とっても楽しかったです。
手抜きですみませ~ん・・・


(まだまだ、つづきま~す・・・ )

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。
スポンサーサイト

行きも帰りも癒してくれるのはチビッコ達でした

今日は、もうすぐ「鉄腕ダッシュ」のスペシャルですね。
この時期にタイで水鉄砲合戦なんて・・・
ソンクラーンからみだとしか思えないので、とっても楽しみなプライサニーです。
あっ、でも今日の更新は「ローカル線を行く②」の続きです。


 メークロン線の車両が到着


プライサニーが乗ってきた列車が、1日4往復の最終便だったので・・・
この列車の戻りに乗らなければ、バンコクまでの戻りは何か他の方法を考えないといけなくなります。
だから市場散策は楽しかったんですけど、30分くらいで切り上げるしかありませんでした。
残念

あっ もし・・・
「メークロンまで行ってみようかな?」と思った方がいらっしゃったら・・・
時間に余裕を持って、ちょっと早め出かけるのが良いかもデス


 メークロン市場 そんな訳で、超短時間だった市場散策・・・


それでも、とっても楽しかったです。

市場と駅は・・・
大通りを1つ隔てただけなので、駅にはすぐ到着します。
う~ん、帰りたくないけど乗り込みますか・・・


 列車に乗り込みま~す! この列車・・・


単線で、1台の車両が行ったり来たりしているだけなので・・・
乗る列車に迷うことはありません。
来た時と同じ、この列車に乗り込みます。



帰りは1番前の車両に乗り込みました。
ここからだと、駅のトタン屋根の向こうに市場が見えます。


 メークロン駅から帰る・・・


写真だと、逆光で写ってないんですけど・・・
もう市場のテント屋根は、全てたたまれて発車準備OKの状態でした。
線路を歩く人はたくさんいたけど・・・



電車が動き出すまでの時間・・・
なんとなく車内の写真を数枚ほど撮っていたんですが・・・


 何気に車内で写真を撮ってたら・・・ ん


判ります


   


なんと・・・


   


な、な、なんと・・・


   



 なんと、ポーズをとってた・・・ ポーズとってる子がいた


ははは・・・ この子、ちょ~かわいい子でした(笑)
撮っててスグ気づいたんですけど・・・
すぐその後にニコッて微笑んで、なんかも~天使に見えましたね。

「行き」でも、タイの赤ちゃんや少年に癒されましたが・・・
帰りの列車の中でも、チビッコに癒されました。

でもこの子、この後はハズかしかったのか・・・
カメラを向けても横向いちゃったりして、かわいい写真は今イチ撮らせてくれませんでした。
でも、それもまたかわいかったです(笑)
横向いてばかりだったけど・・・

さぁ、そろそろ帰りの列車が動き出します。

(つづく・・・ )


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

念願の列車が走る市場「メークロン市場」に到着!

おはようございます
「なかなか更新ができないかもしれません」なんて言っときながら、さっそくの更新です

実は、先日の土日に・・・
前のアパートの整理に戻ってきたときに、まとめて予約登録しておきました。v(^^)v
「ローカル線を行く②」シリーズの続編です。


 メークロン駅 メークロン駅に到着!


メークロン駅で列車を降りると・・・
乗客のほとんどが、列車が来た方へと向かって歩いていっています。


 メークロン駅のホーム プライサニーも、ついて行きました・・・


ファランはけっこーいるけど・・・
このとき日本人は、ほとんど見かけませんでした。
たまたまなんかなぁ~



列車の横を通り過ぎると・・・
みんなホームから線路の上に降りて、我が物顔で歩いています。


 メークロン駅から線路に沿って 


線路の上を、どうどうと歩くのは・・・
たぶん、「列車がしばらくは動かない事」を、みんな知ってるからなんでしょうね。
プライサニーも線路に降りて歩きます。



トタン屋根の駅構内を抜けると・・・
大通りになっていて、その向こうが目指していた念願のメークロン市場です。


 メークロン市場 ついに来れました


行き交うクルマの間をすり抜け、通りの向こう側へ渡ります。

まぁ、そんなに交通量はないので問題ないのですが・・・
写真のベストポジションとか考えながら渡っていると、危ないのでご注意を・・・



実は、プライサニー・・・
この写真を撮った直後に、左側に置いてあったパラソルを支えていたポールに気がつかなくて・・・


 メークロン市場を線路に沿って歩く つまづいてしまいました


鉄製のポールなんで、めっちゃ痛いのなんの・・・ 

でも、痛さより・・・
その一番端っこのパラソルを、一瞬倒しそうになってしまって・・・ 
超あわててポールを押さえて支え直していました。
    
メーワク日本人になってしまった



「コートー、コートーナクラップ
なんて言いながらパラソルを立て直して、お店のオバちゃんに謝ってその場を立ち去りました。


 メークロン市場を歩く


市場に入っていく時は・・・
明るいところから急にテントの中に入るから、一瞬スゴく薄暗いのかな?と思ったんですが・・・
目が慣れてくると、ぜんぜん明るい感じでした。

扱っているものも・・・
野菜や魚を中心にコピーCDとかもあって、スゴく楽しめそうだなぁ~
たくさん時間があれば、ずっと楽しめる感じだなぁ~
なんて思いました。


 列車が走る市場「メークロン市場」


 メークロン市場から見える駅入口 メークロン市場の入口付近

 メークロン市場の奥の方 メークロン市場を歩く


ちょっと、どどどーっと写真を掲載してみました(笑)

この後、戻りの最終の時間まで少ししかなかったので・・・
急いで駅まで戻り、トイレを済ませて、戻りの列車に乗り込んだプライサニーでした。

(つづく・・・ )



にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

個人的には、マハーチャイ駅よりも、ウォンウェンヤイ駅よりも好きです・・・

毎回毎回、間が開いてしまっていますが・・・
メークロン市場へと向かった、「ローカル線の旅②」シリーズです。



メークロン線の列車も、マハーチャイ線の列車も、天井には古い扇風機が回っています。
このファンも、昔は列車と共に日本を走っていたんでしょうね。


 メークロン線 天井には懐かしのファンが


座席横の乗降口がずっと開いていたので・・・
プライサニーの座っているところまで、ファンの風が届いている感じはありませんでしたが・・・
見ていて何だかホッとする、そんな懐かしさにも似た感情を持つことができました。



バーンレムの次の駅で、何人かの乗客が乗ってきました。
その中に、お孫さんらしき2人を連れた初老のタイ人女性がいらっしゃいました。


 メークロン行きの列車で出会った赤ちゃん


手前に座った5歳くらいの女の子は・・・
見慣れない外国人だったからでしょうか、最初はほとんど視線を合わせてくれず強張った表情をしていました。
逆に、奥に座った抱っこされた赤ちゃんは・・・
ものスゴくこっちを気にして、ず~~っと目線はプライサニーの方を向いていました。

変顔をしたり、大きなジェスチャーをやってみたりすると・・・
ニッコリ笑ってスゴく可愛いんですよね。 どこの国でも、子供はかわいいものです。
王様のいう、「子供は国の宝だ」というのが、ホントよくわかります。

抱っこしていたおばあちゃんも・・・
子供たちが笑っているのを見ると、こちらににこやかに微笑みかけてくれました。
ほんの少しの間でしたが、あたたかい時間が流れました。



3人が降りていった後も、列車はどんどん進んで行きます。

道だけが、整備されてて・・・
それ以外は窓ワクのギリギリまで木々が生い茂っていて、顔を出したりしたら枝で怪我しそうな感じのトコもあります。


 メークロン線の車窓の向こう けっこーなトコまで来たなぁ~


あたたかい風に吹かれながら・・・
ガタゴト、ガタゴト、揺られていると、またマハーチャイ線の時のように眠気が襲ってきて・・・

いつの間にか、眠ってしまっていました。



たぶん、警笛の音か何かだったんでしょう・・・
ふと目が覚めました。

向かい側の開きっぱなしの乗降口を見ると・・・
列車スレスレまで大きな布が垂れ下がっていて、たくさんの人がいました。


 メークロン駅近辺を列車で走る うん? これはもしや・・・


元々ゆっくり走っていた列車が、さらにスピードを落としているのがプライサニーにも判ります。
徐々に、線路沿いにいる人が増えてきているようにも感じます。

あー、もしかして着いちゃったのかな?
それがプライサニーの、この時の第一印象でした。


 メークロン駅近辺を列車で走る 商品が置いてあるのが見えてきて・・・


 メークロン駅近辺を列車で走る 到着が近いことを実感しました。


線路沿いの、商品が並んだ市場エリアを抜けると・・・
もうビックリするくらいスグに、メークロン駅に到着しました。 早~い


 メークロン駅の看板


ここまで来るのに、ずいぶんと苦労してきましたから・・・
どんだけローカルで、プライサニーを「あっ」と驚かせてくれる場所だろうか
なんて思ってたんですが・・・


 メークロン駅


想像していたよりもずっと普通な、ちゃんとした駅でした。

個人的には・・・
マハーチャイ駅よりも、ウォンウェンヤイ駅よりも清潔感があって好きな感じです。
けっこー広いし、ですね。
でも、トイレはしっかり3バーツとられたのにタイ古式だったのはツラかったですが・・・ (笑)



メークロン駅・・・
行ってみると、きっと好きになる場所だと思います。 たぶん・・・
さぁ、次はいよいよ念願のメークロン市場です。

(つづく・・・ )




にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

日本を走っていた車両・・・

ちょっと間が開きましたが、ローカル線の旅の続きです。


 メークロン線の車両が到着 バーンレム駅に到着した列車に乗り込みます・・・


お坊さまに促されて乗った車両から・・・
せっかくなら前が見える1番前の車両がイイと思い、前の車両の方へ移動します。
って、まぁ・・・
車両数がそんなにある訳じゃないので、すぐに1番前の車両に到着



で、ドコに乗ろうかと思ってると・・・
1番前の席って、仕切りがしてあって全員が遠慮してました。


 メークロン線車掌席 なんじゃろ、この看板???


最初は、「お坊さま専用席なのかなぁ?」と思いましたが・・・
考えてみたらさっきのお坊さまは、後ろの方の車両に乗ってらっしゃるし・・・

後日、P君に聞いたんですが・・・
ここって、車掌さん専用の席だったようです。
そういえば、車掌さんの座布団らしきものも置いてありました(笑)



出発するちょっと前になって、車掌さん登場

みんなの切符を切り始めます。
が、プライサニーは切符を売っていたことすら知りませんでしたので持ってません。

「メークロンまで・・・」
とプライサニーが言うと、車掌さんはさっきの席まで戻って紙切れをくれました。


 メークロン線の車内で受け取ったチケット なぜか2枚・・・


なんで2枚なん 往復分くれたんかなぁ
紙にはそれぞれ、5バーツって表示がしてありました。

まぁ、いいや・・・  帰りは何とかなるやろー
一応この紙は、どっちも無くさんよーにポケットにしっかり入れとこー

車掌さんも、スグに行っちゃったので・・・
特に何も考えることなくそのまま「ボーッ」と流れる外の風景を見ていました。
暑い空気が流れていきます。
う~ん、マハーチャイ線と同じく風が心地よいです。



しばらく走って・・・
外を見るのにも飽きてきた頃、こんなのを見つけました。


 「NIPPON車SHARYO」のエンブレム ん? ニッポンシャリョウ?


そーいえば、タイの列車って・・・
昔、日本で走っていたヤツが払い下げでたくさん来ていると聞いていました。
マハーチャイ線も、メークロン線も確かそうだったと・・・


 「NIPPON車SHARYO」のエンブレムはココにあります エンブレムはココにあります!


う~ん、古の日本の車両・・・
そうかぁ~、この列車は昔は日本のどこかを走ってたんですねぇ~



そして、さっきウィキで「日本車両」って調べたら・・・
日本車輌製造株式会社という、1896年に創業した会社にたどり着きました。
創業以来、旧国鉄・私鉄・産業用向けに多くの鉄道車両を製作した実績を持つ。また製造された車両の評価も非常に高く、鉄道友の会のブルーリボン賞やローレル賞を受賞した車両形式も多数輩出している。
ということです。
今はJR東海の子会社として、新幹線やリニアにも関係している会社らしいです。

アルファベット表記も同じみたいだし・・・
たぶんきっと、この会社がこの列車を作ったんでしょうね。



当たり前だけど・・・
プライサニーが生まれるずっと前から、日本とタイは関係してたんだなぁ~
と感慨にふけっていたとか、いなかったとか・・・

列車は終点のメークロンに向かって、ゆっくりゆっくり進んでいきました。


(つづく・・・ )

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

バーンレムの駅で列車を待つ間に・・・

ローカル線を行く②シリーズの続きです。

バーンレムの駅を歩き回っていると・・・
ター・チン川に近い側に、誰もいないものの駅舎らしき建物がありました。
そしてその向こうには船着場らしきトコも・・・ もしかしたら、ここからも舟が出ているのかもしれません。


 バーンレム駅そばの船着場


そんな船着場を見たりして、ウロウロしていると・・・
無人っぽいちっちゃな駅舎の入口辺りに、バーンレム-メークロン線の時刻表らしき看板を見つけました。


 バーンレムの駅の壁に書かれていた時刻表


英語表記してあった「メークロン」と「バーンレム」の文字から理解できたのは・・・

[上り]  6時20分   7時20分 (80便)
[下り]  8時30分   9時30分 (81便)

[上り]  9時00分  10時00分 (82便)
[下り] 11時10分  10時10分 (83便)

[上り] 11時30分  12時30分 (84便)
[下り] 14時30分  13時30分 (85便)

[上り] 15時30分  16時30分 (86便)
[下り] 17時40分  16時40分 (87便)

※ バンコクに近づく「バーンレム → メークロン」を上りと表記してみました。

って書いてあるっぽい事・・・
でも、今の時刻は13時ちょっと前です。
もう電車が着いててもイイはずなんですけどねぇー プライサニーの予想ははずれてるのかなぁ?



しばらく待ってみよう
ぼろっちいベンチに腰掛け列車が来るのを待ちました。


 バーンレム駅構内から その間も、バイクがホームを行ったり来たり・・・


ベンチに腰掛けたプライサニーは・・・
さっきマハーチャイで買って、手に持っていたビニールの中のお菓子を摘んでしました。


 マハーチャイで買ったお菓子 まぁまぁの味かな・・・


喉も渇いたので・・・
同じくマハーチャイで買ってたM150をゴクリッ!!


 M150(エムロイハーシップ) コレを飲めば元気150倍っ!(ウソです


昼涼みしながら、そんな時間を過ごしていました。



もう電車が来てもいいんじゃないって思ってた頃・・・
プライサニーが来た道と同じ方向から、1人のお坊さまが歩いてきました。


 バーンレム駅ホームを歩く僧侶 痩せてるけど、なんか高貴なそのお姿・・・


そして、座っているプライサニーにお尋ねになられました。

お坊さま 「もう、列車はきたのか?」 ( ← もちろんタイ語 )
プライサニー 「判らない・・・ 」
 
時刻表がプライサニーの見方であっているか判らなかったし・・・
話しているコトバも早くて今イチ判らなかったし・・・
そう答えるのが最適かと・・・  その時は思ったので、そう答えました。

お坊様は・・・
プライサニーの発音の悪さにタイ人じゃないと判ったのか? 何も言わずに歩いていきました。
ここでもまた尋ねられたプライサニーでした。他にも人は居たのに・・・

あっ、そーいえば・・・
タイでお坊さまと会話したの初めてだっ やった~



しばらくして・・・
時刻表よりずいぶん遅れて、列車はゆっくりゆっくり駅に入ってきました。


 バーンレムの駅に列車が入ってきました おぉ、やっと乗れる・・・


列車が来て、ちょっと写真を撮っていると・・・
先ほどのお坊様が、開いている乗降口から乗り込んでいました。
そして、プライサニーにも・・・
列車に早く乗るように、ジェスチャーしてくれました。

もしかしたら・・・
外国人だからって、気にかけてくれたのかもしれません。
あぁ~、やっぱタイってイイ国だなぁ~



さぁ、いよいよ・・・
プライサニーのメークロン線の旅が始まります


(つづく・・・ )


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

バーンレムの駅で見たもの・・・

おはようございます。 
まだまだ地震・津波・原発の状況は厳しいものがありますが、通常更新に戻ります。
先月2月の滞在中のローカル線の旅の続きです。



ちょっと曲がったホームを持つこの駅・・・
誰もいないかと思ったら、オバちゃんたちの井戸端会議場だったんでしょうか
4~5人のオバちゃんが、座っておしゃべりしていました。


 バーンレムの駅 奥の方に見える人がそうです・・・


駅周辺をウロウロしてみます・・・
(実はまだこの時、ここがホントにバーンレム駅が自信がありませんでした・・・ )

駅から延びている線路の先の方に行ってみると・・・
線路の脇に、ミドリの看板が見えてきました。 「う~ん、タイ語だけだったら読めないけどな~」


 バーンレムの駅から延びる線路 右側のミドリのヤツです・・・


近づいて、看板に目をやります・・・
するとタイ語の表記があって、その下に・・・

 「 BANLAEM STATION 」 と・・・

はっきりと表記してありました。


 バーンレム駅の看板 ヤッター


 バーンレムの駅へと向かう線路 奥のちっちゃな小屋に見えるのが駅です・・・




それからまた、駅構内の方へ向かって歩いていき・・・
なかなか来る機会のない場所ですから、いろんなトコの写真を撮りました。


 バーンレムの駅のホーム 


ちょうどお昼すぎの一番暑い時間帯・・・
ちょっと歩いただけで、汗がたらたら流れる感じでした。

でも、駅のホームは・・・


 バーンレム駅構内から いい感じに日陰になっていて涼しいです・・・


線路の先は・・・
そんなに広くないけど、空き地があって心地よい風が通り抜けます。

汗で濡れたシャツにあたる風が、身体を冷やしてくれて・・・
ずっとこのまま・・・
「ここに居たい」って思いました。



プライサニーが来た道とは違ったんだけど・・・
駅から街の方へと続く道の左右には、きちんと世話をされた鉢植えの花が並んでいました。


 バーンレム駅には鉢植えの花もいっぱい ピンクと黄色の花がカワイイ・・・


 バーンレム駅に停まっていた廃電車 反対側には、ちょっと大きめの鉢植えが・・・


超ローカルなこの駅は・・・
スゴいぼろぼろな小屋のような駅でしたが、スゴく癒される雰囲気に満ちた駅でした。



ふと、駅構内の方を見ると・・・

えっ

 ホームをバイクが走ってる


 バーンレムの駅構内を走るバイク


超ローカルの・・・
癒し系のこの駅は・・・

ホームをバイクが走る駅でもありました。


(続く・・・ )


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

えーっ! また迷ってしまうのかなぁ~

さてさて、メークロンの市場へ向かうシリーズの続きです。
昨日のエントリーでも書いた十字路を、右側へと曲がって歩いていきます。

もう、お昼近い時間でしたので・・・
気温も高くて、プライサニーの頭からはダラダラと汗が滝のように流れ出ています


 バーンレムの渡し舟乗り場から右側へ はぁ~、暑い・・・


この右ルート・・・
魚の干し物を並べた民家が、たくさん続きます。


 バーンレムの駅に向かって この写真じゃ、判りにくいですね・・・


しばらく歩くと・・・
魚の干し物を作っている民家が1軒ありました。


 バーンレム、干物を作る民家 こんな感じ・・・


奥では作業をしているタイ人が何人かいました。
干してある魚の量が、ちょっとスゴい量でちょっと、ビックリしました。


 バーンレム、干物を干す民家 ホント、スゴい量・・・


もしかしたら・・・
この辺りの魚の干し物は、全てここで生産されているのかもしれません。



そんなエリアが50mくらい続いて・・・
そこを過ぎると、今度は大きなワットのエリアに入っていきました。


 バーンレムの駅に向かって・・・ この門の辺りくらいからかな・・・


道の両側に・・・
中華系の寺院風の建築物が増えていきます。


 バーンレムのワット この門の奥の方には・・・


なんだか、厳かそうな建物などがあって・・・
見てみたいけど・・・
でも、先に駅を探したくて・・・
そのままスルーして、歩みを進めます。

その先には・・・
デッカい集会所みたいな屋根つきのスペースがあって・・・


 バーンレム、大きなお寺の集会所? アーチの左右には2頭のゾウの像が置かれています。


ホント・・・
時間があったら、じっくり見てみたいけど・・・
やっぱり、早く駅をみつけて安心したいので、ドンドン進みます。

それにしても暑い・・・
まぁ、タイですからねぇ~ 当たり前なんだけど・・・



アスファルトの道は・・・
ある1軒の民家の前まで続いていて、その終着点にはクルマが停まっているようです。


 バーンレムの駅に向かって歩く なんか、行き止まりっぽいですよね~


えっ、道はココまでなの?
ちょっと、そんな感じがしたんですが・・・ 行ってみないことには判らないし・・・

誰かに聞きたいんだけど・・・
この辺り、その時は誰もいなかったんですよねー

めちゃ暑かったから、みんな家の中にいるのかなぁ?


 バーンレムの駅に向かってたつもりですが、行き止まりか? 近くまで行ってみると・・・


やっぱり、アスファルトの道は終わってて・・・
民家の土の庭に、ピックアップトラックが停めてありました。

 あーあー、また今回も間違ってるじゃん

前回ほどの暑さはありませんでしたが・・・
汗びっしょりのプライサニーの身体が、なんだか一気に重たくなる感じがしました。



疲れを感じつつ・・・
それでも、ピックアップトラックの横まで歩ていき・・・

ふと横を見ると・・・


 んっ



 バーンレムの駅がちょっと見えて・・・ 


 なんだ
 あのバラック小屋みたいなの・・・




もー少し、近くまで歩いて・・・
よぉ~く見てみると、そこにはありました・・・


 そこにはありました・・・



 バーンレムの駅を発見 バーンレム・ステーション


ようやく見つけることができました。

メークロン線のバーンレム駅
ここからプライサニーの乗る次の列車が出発します。


 バーンレムの駅 ボロボロだけど・・・


単線の線路の前には、けっこーデカい屋根つきのホームがありました。

誰のものか判らない鶏が・・・
カゴの中で、元気にバタバタしていました。


(続く・・・ )


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

マハーチャイから小船でター・チン川を渡る・・・

メークロン市場へ向かうシリーズ・・・
ちょっと1日、更新をサボってしまいました。ははは

今回の更新では・・・
マハーチャイ地区とバーンレム地区を挟むター・チン川を渡ります。


 マハーチャイの舟乗り場 この右のアーチ型の屋根が舟乗り場・・・


左側は昔、日本のTVでも紹介されたことのある魚料理の美味しいレストランらしい・・・
(でもまだ、ここで食べたことはありません・・・ )



乗り場の方へ行くと、チケット売り場?があって・・・
5バーツ硬貨を差し出すと、タイ人のお姉さんが黙って2バーツとちっちゃい紙切れを渡してくれます。


 マハーチャイの舟乗り場


この紙切れがチケットで・・・ 
3mくらい先にいる別のタイ人のお姉ちゃんに渡します。
そんで、渡し舟が来るのを待ちます。 (まぁ、至ってカンタンです。)

しかし、人件費の安いタイらしいですよね・・・
このチケットを売るタイ人がいて、チケットを受け取るだけのタイ人がいて・・・
2人もいらんじゃん
なんて思える感じもタイ・クォリティーです(笑)


 マハーチャイで舟を待つ で、しばらく舟が来るのを待ちま~す!


って奥のバイク、いったい何人乗ってるのょ~



ということで・・・
バイクも人も、みんな一緒に乗り込んだのはこの船・・・


 マハーチャイ・バーンレムの渡し舟 これ、けっこー大きいんですよ・・・


バイクと人だけかと思ったら・・・
ワンちゃんだって、一緒に乗っていました。


 渡し舟に乗ってるワンちゃんとバイクのタイヤ すやすや気持ち良さそうに寝てました・・


ほんの10分もかからずに向こう岸に着くんですが・・・・
となりに座っていた少年とお話して、ちょっとだけ仲良しになりました。


 マハーチャイの渡し舟で仲良くなった少年 はにかんで、カワイ~


あっ、いちおーそのテの趣味はないです。
あしからず・・・



そして、バーンレム側に到着
轢かれないようにバイクを先に行かせて、みんな続々降りていきます。


 マハーチャイの渡し舟を降りていく乗客


乗り場の先は、細い屋根つきの通路になっていて・・・
バイクに乗ったタイ人たちが、ブルンブルンとエンジン音を響かせて走っていきます。


 バーンレム側の降り場 さっきの少年も前を歩いていきます。


さぁ、ここで気持ちを一度引き締めなきゃ・・・
なんせ、この通路を出た先が・・・
前回のメークロン市場へ向かうのの失敗の元凶だったんですから



通路を出ると、そこは十字路になっていて・・・
左側の方を見ると、バンコクではもう見かけることも少なくなったサムローがたくさん停まっています。


 バーンレムの渡し舟乗り場から左側へ 田舎の海辺の街って感じの道・・・


そして正面を見ると・・・
これがメインストリートだなって道がずっと続いています。


 バーンレムの渡し舟乗り場から 前回は、ずっとこの先を歩いて・・・


この地区の中心らしき時計台を通過して・・・
だんだん道が判らなくなって、頭に入っているルートを外れていきました。


 バーンレムの渡し舟乗り場から右側へ そして、右側は・・・


バイクがたくさん停めてあって・・・
並んだ民家の前には、売り物の乾物がたくさん置いてあります。
庭には、たくさんの魚が干してあります。

さて、今回は・・・
どのルートを歩きましょうか


(まだまだ次回へ続きます! )



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

マハーチャイに到着! 市場は楽しいです・・・

さてさて、こんばんわ
メークロンの市場を目指したこのシリーズも3話目です。
マハーチャイ駅に到着しました。


 マハーチャイまで乗った列車 


ここでもやはり・・・
ゆっくり、ゆっくり、列車はホームに入っていきました。

マハーチャイの駅だけは、屋根があって・・・
駅に列車が進入すると、急に周囲が薄暗くなっちゃいます。
あっ、でも・・・
列車を全部覆えないので、先頭は飛び出しちゃいますw



ホームはもう、お店がキッシリです。
線路の右側も左側もたくさんのお店がありますが、駅舎側の方には衣類とか雑誌とか・・・
反対側には食材のお店が多いような気がします。


 マハーチャイ駅にて こちらは駅舎側・・・


んで、これが・・・
マハーチャイの駅舎です。けっこー、しっかりデカいです。


 マハーチャイ駅 バイクがいっぱい停まってました・・・


駅舎側の大通りに出ると・・・
そこはもう、まるで歩行者天国みたいにたくさんの人が歩いてて・・・
露店がいっぱいです。

あっ、でも・・・
歩行者天国みたいなだけで、クルマも通りますのでご注意を・・・



この露店の並ぶ市場・・・
タイの方々にも人気なんでしょうね。すっごい人でした。


 マハーチャイ市場の乾物屋 乾物屋さん・・・


 マハーチャイ市場のイカ屋 イカ屋さん・・・


店の奥への通路を入っていくと・・・
デッカい屋根つきの海産物の市場もありました。


 マハーチャイ市場


 マハーチャイ市場


う~ん、こーいうの見てまわるのって楽しぃ~
でも時間的な関係もあるんですかね、この時はもう魚のあまりないトコもありました。



市場を抜けて、少し行くと・・・
ちょっとツマめそうな、美味しそうなお店がありました。


 マハーチャイの渡し舟乗り場付近にて 考えてみたら、もうお昼になってる・・・


おなかも減ってたし、少しだけご購入
コンビニで買ってた水と一緒に袋に入れてもらって、また歩きだします。



ふと目線を先にやると・・・
ん~  これは、もしや・・・・


 マハーチャイ イベントの告知 歌謡イベントの告知か?


確かに、告知広告でした。
でも、載ってる3人とも全然知らない人だったのでスルー
この辺は、いろいろ貼り出してありました。



そうこうするうちに・・・
スグに対岸へ渡してくれる渡し舟の乗り場に到着っ


 マハーチャイの渡し舟乗り場 さぁ、とっとと対岸へ渡りましょ~


明日はマハーチャイ地区を離れて、バーンレム地区へと向かいます。

(またまた続く)



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。
訪問者数
プロフィール

プライサニー

Author:プライサニー
ไปรษณีย์
5歳まで父親の仕事の関係でタイにいたらしいです。
でも…
全然、記憶にありません。
たまたま20数年ぶりに渡タイして以来、タイが好きになってハマってしまいました。
いつの日かタイに住むことを夢見て日々を過ごしています。

今年はもう少し多めに更新したいと思っています。
コメント大歓迎です。
気軽に書き込んでってください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
ランキング登録サイト
明日の更新の励みになります。             1クリック頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 
                                                                                     人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
お勧めタイ商品
                                                         
管理人より・・・
当ブログはリンクフリーです。                    コメント欄にコメントと共に「相互リンクを希望する旨」をお書き頂ければ、当ブログからもリンクさせて頂きます。                                        ただし、スケベ系の内容のサイトと判断させて頂いた場合などにはリンクをお断りさせて頂く場合があります。

2009.09.14                     管理人:プライサニー              


拙ブログは、少しでも多くの日本人の方々にタイを好きになって頂きたく、再度オープンさせて頂きました。
その趣旨からもご投稿いただけるコメントは、タイに関して好意的なものを希望しております。
否定的なコメントはご遠慮頂けますと幸いです。

2010.07.01 
管理人:プライサニー


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト


いつも心にタイ国旗を!!
検索フォーム
全国のタイフェスティバル等
<東京のタイフェス>
12.05.12~12.05.13
●渋谷区代々木公園

<大阪のタイフェス>
12.05.19~12.05.20
●大阪城公園 太陽の広場

<名古屋のタイフェス>
12.05.26~12.05.27
●久屋大通公園


<アジア太平洋フェス>
2012年の予定はまだ未定です
●マリンメッセ福岡
     
リンク
タイの宿
~ バンコクの宿 ~~

★オンヌット駅から最至近の宿★
 この宿についての記事を読む
 グリーンベルズ・オンヌット

★豪華さならトップクラス★
 この宿についての記事を読む
 アマンタ・ラチャダー

★初渡タイで泊まった高級宿★
 この宿についての記事を読む
 プレジデント・ソリティア

★昔のプライサニーの定番宿★
 センターポイントサラデーン
 センターポイント・サラデーン

★アソークのお得な宿★
 シタディン23
 シタディン・スクンビット23

★アソークの隠れ家的宿★
 アドミラル
 アドミラル・プレミア

★エンポリアムも徒歩圏★
 アダルフィ
 アダルフィ・グランデ

★お部屋が広い★
 プレジデントパーク
 プレジデント・パーク
 

~ スコータイの宿~~

★遺跡から1kmの洒落た宿★
 この宿についての記事を読む
 レジェンダ・スコータイ
 



リンク
情報提供・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイに住みたい!!
DSC00206_プラグ DSC00265_プラグ DSC00205_プラグ DSC00204_プラグ DSC00245_プラグ DSC00212_プラグ DSC00202_プラグ DSC00197_プラグ DSC00208_プラグ DSC00201_プラグ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。