FC2ブログ

ワット・バンナー・ナイに行ってきた②

多くの黄金の仏さま達が祀られているワット・バンナーナイですが・・・
壁の上部には、現国王であるラマ9世(プミポン国王)さまの若かりし頃の御絵が飾られています。


 王さまの御絵 周囲全体、いっぱい・・・

 
プライサニーは、今の王さま大好きなので・・・
こーいう御絵を見るのも好きです。 若くて凛々しいです。



仏塔を出て、ふと廊下を見ると・・・
一人のお坊さまが、先のほうへと静かに歩いていらっしゃいました。


 歩いていくお坊さま 少しついて行って・・・


ふと仏塔と反対側の建物を見ると・・・
また金色に輝く仏さま達が・・・ それはもぅ、たくさん安置されていました。


 お祈りするタイ人とタンブンするタイ人 別室にまとめられていた黄金の仏さま達


こちらの建物は、静かにお祈りするタイ人・・・
そしてタンブンしに来て、お坊さまの前に座って熱心に話を聞くタイ人・・・
この後、聖水をかけてもらってました。

なんとなく・・・
ヘンテコ外国人観光客のプライサニーが、のこのこと入って行くべきではない気がして・・・
廊下から、ちょっと眺めるだけに留めてておきました。
(上2枚の写真は、外から撮ったものに写りこんだ部分を拡大したものです。)



仏塔を離れて、中央の広場に戻ると・・・
入り口の門からでも、真正面で目立つ位置にある祠?が目に入ってきます。

祠?の入り口近辺には・・・
闘鶏やゾウの飾りが置かれています。そしてなぜか、シマウマの飾りも・・・


 正面に見える祠? 正面の祠?


過去にTVで、タイを旅する番組で・・・
こんな感じで闘鶏やゾウを並べている建物を某タレントが立ち寄ったのを見たことがあります。

ムエタイの原形を作ったり、戦いの神様としても祀られているとか、なんとか・・・
そう紹介されていたのは、最近映画になったアユタヤ時代のナーレスワン大王でした。


 ナーレスワン大王か? 確か、像もこんな感じだったよーな・・・


特に誰に聞いた訳でもないので、間違ってるかも・・・
この祠?の周囲は、ものスゴい数の闘鶏の飾りが並べてありました。


 闘鶏の飾り 壮観でした・・・


ナーレスワン大王には・・・
子供の頃の有名なエピソードに、闘鶏にまつわるものもあります。
だから、こんなに並べてるんですかね?
   ↑
もう勝手にナーレスワン大王だって決め付けてるオッサン@アラフォー負け組み・・・

しかし、こんなに並べるとは・・・
オモシろ~♪



祠?から更に奥を見ると・・・
ここ敷地が広いですね。けっこう奥までいろんな建物があります。


 ワット・バンナーナイの奥のほう でもなんか、奥の方は・・・


修行施設みたいで入り難い・・・
で、入って行くのは遠慮しちゃいました。

充分、このお寺も堪能でききたし・・・
(そーいう気分になった)
ここは終了して、次のお寺に行こうとしますか・・・


 門の横のタンブンセットを売っている店 門を出て帰ろうとすると・・・


門の横の建物は、タンブン(喜捨)しに来るタイ人のために・・・
タンブン・セットや、奉納するロウソクを売っている売店になっているました。
こーいうの見るのも、けっこう好きです。
(写真ないけど・・・ )



全然観光するためのお寺でもないんですけど・・・
こんなタイ人の信仰の対象として、地域に根ざしたワットを見るのも楽しいものです。

「時間が余ったなー」なんて時には、見に行ってみてはいかがですか?
オモシろいかどうかは保障しませんが・・・


 (追記)
  このお寺の話を書くのに調べてると、ここにはガイコツのオブジェがあったり・・・
  牛のエサやりタンブン・コーナーとか・・・
  タイのワットの中でも珍しい部分がけっこうあるみたいです。
  プライサニーは気づきませんでしたが、そーいうのも探してみるのもイイかもしれません。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 一部の写真はクリック頂くことで拡大できます。

ワット・バンナー・ナイに行ってきた①

BTS車内からも目立つ・・・
ちょっと大きめの金色の仏塔が印象的なワット・バンナーナイに行ってきました。


 BTS駅から見たワット・バンナーナイ バンナー駅から見た感じ・・・


BTSの駅から約50m行って、ソイに入って約50m・・・
駅からも非常に近いので、興味が沸かれた方なら気軽に行ける立地にあります。


 ワット・バンナーナイに向かう ソイを入るとスグ見える入口の門・・・


目の前を歩いていたタイ人カップルも・・・
門をくぐってワットへと向かい、奥でタンブンしているようでした。



門をくぐると、すぐ左に・・・
BTSからもよく見えていた金色の仏塔が見えます。


 門をくぐると・・・


BTSの中から見て予想していたのより小さめでした。

思いのほか小さくて・・・
「あー、これは期待はずれのワットかもなー」なんて思ってたんですが・・・
これが中に入ってみると、黄金の仏さま達でいっぱいでした


 仏塔の下の建物に入ってみましょう 仏塔の中に入りま~す!!


周囲は赤いじゅうたん?が敷かれていて・・・
そこにある仏さまや仏画に、お祈りを捧げている方もいらっしゃいました。
(熱心にお祈りされていたので、撮影なし・・・ )

建物の中に入ると・・・
壁まで黄金に輝かせたスペースに、一番大きな仏さまがいらっしゃって・・・
その周囲にもたくさんの仏さまがいらっしゃいました。


 仏塔の中の金ぴかな仏さま お祈りを終えたタイ人2人組・・・


いやー、目がくらみそう・・・
どれもめちゃくちゃ大きいとはいえませんが、美しいお姿につい見入ってしまっていました。


  黄金の仏さま達 黄金の仏さま達

 黄金の仏さま達 黄金の仏さま達


観光の対象のお寺という訳ではないので・・・
最初は写真を撮るのを躊躇っていましたが、途中で若いギャル風のタイ人3人組がやって来て・・・
お祈りを捧げた後に・・・
ワイをして仏さまと2ショットや自分撮りをしていたので、紛れて撮ることができました。(笑)



で今回は・・・
この日記では、今まで紹介してなかったこんなのも載せたいと思います。


 仏塔の金の仏さまたちと・・・ 何を紹介したいか判ります?


ちょっと、ピックアップしてみましょう・・・


 お札のタンブン 20バーツのタンブン


地元のタイ人の方がしていった、20バーツ札のタンブンです。

珍しく、しっかり写真におさまっていたので・・・
紹介させていただきました。

でも、ワットによってはこんなモンじゃなく・・・
お札を天井から何枚もつなぎ合わせたり、折り紙のように折り込んだ飾りだったり・・・
スゴいのが、けっこう見られます。



こんなのが見られるのも、観光地化したワットではなく・・・
信仰の対象として地元地域にしっかり根ざしたワットだからなのかな?

話が長くなってきましたので、続きは次回にしたいと思います。
でわ~


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 写真の一部は、クリックして拡大することができます。

いよいよ黄金の仏像、登場しますっ!!

昨日はすみません。引っ張ってしまって・・・
さぁ いよいよ今日は、黄金のお仏像さんに登場していただきましょ~



でわでわ・・・
登ってきた新しい本堂の中へと入っていきます。


 ワット・トライミット、本堂2階 外は晴れやかに良い天気です。


あんまり天気が良かったので・・・
本堂の中に入ると、一瞬だけ屋内が暗く感じました。

まぁ・・・
それだけ、外が天気が良くて明るかったってことなんですけど・・・



でも、その暗めに感じた屋内に・・・
ぱぁ~っと目を引くように、ど真ん中に美しく輝くそのお仏像さまはいました。


 こちらですっ



     



     



     



 黄金仏 ばぁ~んっ


どうでしょう
プライサニーには、とても高貴な気品のあるお仏像さまに見えました。
皆さんには、どんな風に見えます



お仏像さまの前には・・・
煌びやかに輝く姿に肖ろうと、たくさんのタイ人の参拝者が来ていました。


 黄金仏と参拝者


写真には、少ししか写っていませんが・・・
ひっきりなしに、いろんなタイ人の方がいらっしゃってました。

あと・・・
ファランの観光客もけっこーいました。



最後に・・・
これはプライサニーの新しいカメラで撮った動画です。





YouTubeにUPしてみたら・・・
実際は1分の動画なのに、間延びして1分44秒になってしまってました。
なんでだろ?

なもんで、動きが遅くてイラッとするかもしれませんが・・・
その辺は初心者ということで、ご容赦いただけると嬉しく思います。
でわでわ・・・


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

ワット・トライミット、黄金の仏像が安置されている場所へ

今朝のエントリーに登場した黄金の仏像・・・
ご存知の方が多いと思いますが、このタイトルにもある「ワット・トライミット」に安置されています。

先日の7月の渡タイの際に行ってきました。
今回は、その時のことを書きたいと思いま~す。


 ファランポーン駅 この駅のすぐソバです。


距離的にも近いので、徒歩で全然大丈夫です。

駅から中華街(ヤワラー)方面に向かって・・・
運河を越えて行きます。


 運河 昔は運河ボートとか走ってたんでしょうか?


運河を越えて、信号をわたりま~す。
交差点が五又になってて、ちょっとコトバでは説明しづらいので割愛しますが・・・
地図を見たらスグ判ると思います。

この道を進んでください。
    

 ワット・トライミットへ 右の角は注文食堂です。


すると50mも歩くと・・・
こんな真新しい本堂が見えてきます。最近できたばかりです。


 本堂 参拝者、多いからスグ判ると思います。


この日は平日だったんですけどね・・・
意外にたくさんのタイ人が、参拝に来ていました。



それにしても・・・
めっちゃ良い天気で、ホント暑かったです。実は暑さでバテバテでした

本堂の右横を見ると・・・
もう1つ本堂っぽい建物がありました。

今、安置されている本堂は・・・
たしか去年か今年にできたハズだったから、それまではこっちに安置されていたんでしょうか


 ワット・トライミット いちおー、旧本堂と表現しときます。


この旧本堂の方にも・・・
いくつかの仏像が安置されていて、多くのタイ人が参拝していました。
(マネしてプライサニーもお参り・・・ )

そこから見ると・・・
新本堂、なんかお城みたいですね。


 本堂 いちおー、新本堂と表現しときます。


新本堂・・・
中に入ってみると、なんか博物館みたいになってて・・・
昔の中華街(ヤワラー)のジオラマみたいのが置いてあったり、蝋人形みたいなので昔の様子が再現してあったりしました。

タイ語と英語で併記されてましたが・・・
暑さで疲労困憊してましたので、たいして読みもせずスルーしちゃいました
ははは・・・

まぁ、多少判る英文の説明を読んでも・・・
「ついていけないだろーなー」とも思いましたのでね・・・



博物館らしき1階を迷いつつも見終わり・・・
外へ出て上の階に登ります。


 本堂2階 あ~、ホントに良い天気だ・・・


上の階に登ってきました。
すぐソコの入り口を入れば、黄金の仏様が待っています。



ふと振り返って、地上の方を見ると・・・
さっきいた旧本堂の前に張ってあったテントの辺りには、先ほどと同じようにたくさんの参拝者がいます。


 階下の参拝者


いつも思いますが・・・
タイの皆さんって、ホント信心深いですよね。

平日の昼間に・・・
こんなにたくさんの方が参拝にきているのもスゴいと思うし・・・
多くの皆さんが、履き物を脱いで、膝をついて参拝してらっしゃいます。

タイの、こーいう所・・・ スゴく好きです。



そして、道側・・・
ワットの敷地の外を見ると、多くのタイ人が参拝を終えて帰っているようでした。


 敷地外のタイ人


さぁ、いよいよ中へ入りましょう



と、思いましたが・・・
なんだか思いっきり前置きが長くなってしまいました。

なので、もったいぶって申し訳ありませんが・・・
主役の黄金の仏像は、明日の登場ということにさせて頂きます。ごめんなさぁ~い



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。

醜いアヒルの子のタイ版とでも言いましょうか・・・ これ、有名なお話なんで皆さんご存知ですよね・・・

これはもう、有名な話で・・・
けっこうガイド本に載っているから、ご存知の方ばかりかもしれませんが・・・
むかし話風に取り上げちゃいます。


 本堂


むか~し、むかし・・・
とある村の廃寺に、漆喰を塗られたちょっと大きなお仏像さんがおったそうじゃ・・・
その姿は薄汚く汚れ・・・
泥棒さえも盗む気になれないほどお顔も歪んでしまっておったそうじゃ・・・

その悲しいお姿のせいで・・・
そのお仏像さんは、ほとんど誰からも見向きもされないまま・・・
長ぁ~い年月うち捨てられておった・・・

そのうち、廃寺は朽ち果てていき・・・
周りの村人もお仏像さんのことなど忘れ去ってしまったそうじゃ・・・



そぉ~して、月日は経ってのぉ・・・
つらい不遇な歳月を送っていたお仏像さんであったが・・・
数百年経ったある雨季の頃じゃった・・・
お仏像さんのことを思い出した村人がおってのぉ、移転させることが決まったそうじゃ・・・

しかし、この醜いお仏像さん・・・
見た目のわりに、えらい重たくてのぉ・・・
とりあえず外まで運んだんじゃけんども、ついにはなぁ・・・
釣り上げておったクレーン車が壊れてしまったそうじゃ。えらいこっちゃ・・・

んだもんで、村人たちはのぉ・・・
仕方のぉ、その日はお仏像さんをそのまま置いて帰ってしまったそうじゃ・・・
かわいそうにのぉ・・・
どこまでも見捨てられるお仏像さんじゃったんじゃのぉ・・・



じゃがな・・・
次の日に、村人たちがお仏像さんを運ぼうと集まってみたらのぉ・・・
夜に降った雨季の激しい雨でのぉ・・・
お仏像さんの御身体が、きらきら金色に光っておるのが判ったそうじゃ・・・

そりゃ~
村人たちはビックリたまげたもんじゃた・・・
その時じゃったな・・・
村人たちは、そのお仏像さんの漆喰の下に・・・
金色に輝く黄金の本当のお姿があったことを知ったんじゃ・・・



いやぁ~、なにごともじゃ・・・
見かけだけで決めよったら、大ぉ~きな間違いをする。
お仏像さんは、村人たちにそれを教えたかったのかもしれんのぉ・・・


 黄金の仏像


いかがでしたでしょうか
まるで、おとぎ話や昔し話のようなお話だとは思いませんでしたか

そのお仏像さま、今もバンコクにいらっしゃって・・・
多くのタイ人信者に「見かけで判断しちゃダメだよ」って説いていらっしゃるんですよ。

頑張って最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
 1クリック頂けますと、明日の更新の活力になります。
訪問者数
プロフィール

プライサニー

Author:プライサニー
ไปรษณีย์
5歳まで父親の仕事の関係でタイにいたらしいです。
でも…
全然、記憶にありません。
たまたま20数年ぶりに渡タイして以来、タイが好きになってハマってしまいました。
いつの日かタイに住むことを夢見て日々を過ごしています。

今年はもう少し多めに更新したいと思っています。
コメント大歓迎です。
気軽に書き込んでってください。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
ランキング登録サイト
明日の更新の励みになります。             1クリック頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 
                                                                                     人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
お勧めタイ商品
                                                         
管理人より・・・
当ブログはリンクフリーです。                    コメント欄にコメントと共に「相互リンクを希望する旨」をお書き頂ければ、当ブログからもリンクさせて頂きます。                                        ただし、スケベ系の内容のサイトと判断させて頂いた場合などにはリンクをお断りさせて頂く場合があります。

2009.09.14                     管理人:プライサニー              


拙ブログは、少しでも多くの日本人の方々にタイを好きになって頂きたく、再度オープンさせて頂きました。
その趣旨からもご投稿いただけるコメントは、タイに関して好意的なものを希望しております。
否定的なコメントはご遠慮頂けますと幸いです。

2010.07.01 
管理人:プライサニー


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト


いつも心にタイ国旗を!!
検索フォーム
全国のタイフェスティバル等
<東京のタイフェス>
12.05.12~12.05.13
●渋谷区代々木公園

<大阪のタイフェス>
12.05.19~12.05.20
●大阪城公園 太陽の広場

<名古屋のタイフェス>
12.05.26~12.05.27
●久屋大通公園


<アジア太平洋フェス>
2012年の予定はまだ未定です
●マリンメッセ福岡
     
リンク
タイの宿
~ バンコクの宿 ~~

★オンヌット駅から最至近の宿★
 この宿についての記事を読む
 グリーンベルズ・オンヌット

★豪華さならトップクラス★
 この宿についての記事を読む
 アマンタ・ラチャダー

★初渡タイで泊まった高級宿★
 この宿についての記事を読む
 プレジデント・ソリティア

★昔のプライサニーの定番宿★
 センターポイントサラデーン
 センターポイント・サラデーン

★アソークのお得な宿★
 シタディン23
 シタディン・スクンビット23

★アソークの隠れ家的宿★
 アドミラル
 アドミラル・プレミア

★エンポリアムも徒歩圏★
 アダルフィ
 アダルフィ・グランデ

★お部屋が広い★
 プレジデントパーク
 プレジデント・パーク
 

~ スコータイの宿~~

★遺跡から1kmの洒落た宿★
 この宿についての記事を読む
 レジェンダ・スコータイ
 



リンク
情報提供・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイに住みたい!!
DSC00206_プラグ DSC00265_プラグ DSC00205_プラグ DSC00204_プラグ DSC00245_プラグ DSC00212_プラグ DSC00202_プラグ DSC00197_プラグ DSC00208_プラグ DSC00201_プラグ
QRコード
QRコード