スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワット・サパーン・ヒン

前回が前回だったので、さっそく続きです。
「スコータイに行った話」です。


 ワット・サパーン・ヒンへ この超絶の石段の寺院・・・


「ワット・サパーン・ヒン」です。
タイ語で「サパーン」が「橋」で、「ヒン」が「石」ということから、「石橋寺院」です。
石段を「橋」に見たてているところが素敵ではなくて・・・
登るのがキツイ。


 ワット・サパーン・ヒン


石段は高いところで1mくらいの高さがあります。
(石を置いてるだけの高さの所もあります)
この石段の橋で、炎天下のなか高さ200mを登っていきます。

この西側エリアに来るのに、自転車ばり漕ぎだったので・・・
そのあとに登ると、ぶっちゃけ死にそうにキツイです。うんざりです。。。



途中、たぶん真ん中辺りに・・・
スコータイ独特?の天頂部が蓮のつぼみの型をした仏塔があります。


 ワット・サパーン・ヒン ワット・サパーン・ヒン


そんなにデカくはないです。
たぶん3mくらい。
でも他に目立った建造物もなくて、途中で見れるのはこれくらいだから・・・
ここに近づいて写真を撮って、ひと休み。

めっちゃ汗だらだらになるんだけど・・・
日陰でひと休みすると、吹く風が身体を冷やしてくれて心地よいです。
頂上まで、あと少しです。


 ワット・サパーン・ヒン ワット・サパーン・ヒン


見上げれば、山頂にある大仏さまがかなり大きく見えてきます。
見下ろせば、もうかなりの高さまで来ていることに驚きます。
最初こそ、なだらかな石橋でしたが・・・
途中から急な斜面が続くので、一気にかなりの高さまでにたどり着きます。



山頂に到着すると・・・
「アッタロー仏」が、一番見晴らしの良い場所に立っていらっしゃいます。


 ワット・サパーン・ヒン ワット・サパーン・ヒン


ちょうど視線の先は、スコータイ遺跡の中心部あたりのはずです。
スコータイ王朝の繁栄と衰退を、この場所からずっと見続けてきたのでしょう。


 ワット・サパーン・ヒン 今も参拝者は、いるようです。


「アッタロー仏」の近くまで寄ってみると・・・
けっこう傾いているのが判ります。
裏にまわってみると、レンガ組の後背を大きなつっかえ棒的な柱が支えています。


 ワット・サパーン・ヒン ワット・サパーン・ヒン


まだ、今は大丈夫だけど・・・
そのうち崩れ落ちちゃわないかな。なんて心配になってしまいます。

こんな急勾配の高いところに寺院なんて・・・
何百年もの昔に、よくもまぁ造ったなぁーと驚かずにはいられません。
けっこう感動します。


ワット・サパーン・ヒン ワット・サパーン・ヒン


大仏だけじゃなくて・・・
たぶん建造物も、当時はいろいろあったんでしょうね。
柱や基礎部分がいくつか残っていました。

この高さから眺めるスコータイは、格別です。
天候が良かったからかもしれませんが、遺跡を見に来たんならココは絶対に外して欲しくない
そう、強く思ったプライサニーでした。


 ワット・サパーン・ヒン 山頂から見た石橋・・・


降りるときは、転ばないように気をつけてください。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

スコータイ遺跡 城壁の西側へ

まただいぶ、間が空きましたが「スコータイに行ってきた話」シリーズです。
城壁北側の「ワット・シーチュム」にいた親切なオバちゃんの勧めで、この日に行く予定ではなかった城壁の西側へ向かうことにしました。


 ワット・シー・チュム ワット・シーチュムの親切なオバちゃん


オバちゃんに教えられた一本道を自転車で走らせます。

快晴の昼時のタイは、北部といえども熱く・・・
実際の距離はたぶんそんなにないのかもしれないけれど、かなり長く感じます。


 城壁の西側へ まっすぐ、一本道・・・


 城壁の西側へ そして突き当りを右折・・・


けっこう走ります。
なかなか目印になる西側の料金所が見当たらないので・・・
もしかしたら、通り過ぎちゃってるのかも? と、不安がよぎります。

こーいうのって・・・
一人旅立と、なかなか話し相手がいないので困りますね。
道沿い、誰もいないし・・・
北側の「鉄砲はこわい・・・」のエントリーで書いた日本人女性殺害事件の現場も西側エリアだし・・・
右折後の一本道は、木々の木陰になってて、微妙に薄暗くて緊張感を高めてくれます。



道路わきが少し広くなってた所で・・・
ちょっと自転車を停めて、ガイド本を見返してみるけどピンとこないし・・・
と思ってたら・・・
道の反対側のちょい奥に、小屋が建ってて、そこのオバちゃんがなんか言ってくれてました。

理解力の低いプライサニーのタイ語でも・・・
オバちゃんのジェスチャー?のおかげで、なんとなく判ったのは「もう少し先だ」ってこと・・・
ありがとう、オバちゃん


 親切なオバちゃん 城壁の西側へ


オバちゃんの親切で・・・
もう少し走ると、目指す西側エリアの最初にして唯一の目玉の・・・
「ワット・サパーン・ヒン」の看板が見えてきました。


 ワット・サパーン・ヒンの看板が・・・ ワット・サパーン・ヒンの看板


ちっちゃい看板です。
これで到着・・・  ではありません。

ここに城壁西側エリアの料金所があって・・・
もうしばらく、自転車を走らせなければなりません



料金所から100mくらい走って・・・
前方と後方をパシャリと撮影。(後方の料金所がピンボケ


 城壁の西側へ 城壁の西側へ


暑さで体感的には、あと1kmくらい走った感じ・・・
(ガイド本だと700m)
ようやく目指す「ワット・サパーン・ヒン」の管理小屋?に到着しました。


 管理小屋 ワット・サパーン・ヒンの案内版


ふーっ 疲れた・・・

ちなみに管理小屋の右端にある水色の箱・・・
冷えたペットボトルの水が中に入ってて、販売しています。

この西側エリアは、住居や売店がほぼないので・・・
こうした管理小屋があったり、ハンモックでのんびりしている管理員がいたりして・・・
水ペットも用意されているんです。(たしか1本10B)
ありがたいです。



さて、それでは西側エリア唯一にして一番の見どころの遺跡・・・
「ワット・サパーン・ヒン」
こちらです。。。


 ワット・サパーン・ヒンへ ふぇ~~~ 


これから、更に200m
ど暑い中を徒歩で登っていかなければなりません。
う~ん、うんざり・・・

ということで、今回は・・・
西側エリアへ到着したところで話を終わりたいと思います。

(おしまい)


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

スコータイ遺跡 城壁北側のお堀の更に北側の地味系遺跡たち

「スコータイに行った話」シリーズ・・・
前回の「鉄砲はこわい・・・」の中で、ビビって先に別の遺跡を見に行ったと書きましたが・・・
今回はその時に見た北の北に点在する残りの地味系の遺跡についてまとめます。
(昨日、書きかけで誤って全消ししたので、かなり手抜きエントリーになっています。猛反省。)



まずは、「ワット・トーリアン?」(WatTaoThuRiang)
日本のタイ観光ガイド本では、見つけれませんでした。(名前も載っていない。)


 WatTaoThuRiang WatTaoThuRiang


ただ近くにある「トゥーリアン窯」が、日本のガイド本の地図に名前だけ載ってて・・・
現地スコータイの観光案内板の「ThuRiang」の綴りが同じなので、この呼び名でイイようです。


 WatTaoThuRiang WatTaoThuRiang


案内板によると、3つの小さなチェディがあったことが読み取れますが、しっかりと残っている基礎部分は2つしかなかったように思われます。
このエリアでは、それなりにちゃんと残っている遺跡だと思います。



続いて、日本のガイド本の地図にも名前は載っていた「トゥーリアン窯」です。
看板は新しい案内板(左のヤツ)も、古びた名前だけの(右の白いヤツ)もありますが・・・ 


 トゥーリアン窯 トゥーリアン窯


見ての通り、丘だけ(?) いえ、よく見ると・・・
ほんの少しだけですが、芝生に埋もれるように石積みがあります。


 トゥーリアン窯 トゥーリアン窯


ココですね・・・
地球のナントカでも地図に名前が表記してあったから、も少し何かあると思ったんだけど・・・
見ての通り、ほとんど何もありません。



そして城壁北エリア最後は・・・
Wat KongKhwangTawan(ワット・コンコワンタワン?)です。


 ワット・プラ・パーイ・ルアンの周りの道 この道を、すーっと走ってたら・・・


右側に「分譲住宅」1件分くらい、開けたトコが出てきて・・・
けっこうシッカリした石積みの基礎部分が現れました。(復元されてる?)


 Watkongkhwangtawan Watkongkhwangtawan


写真で見ると、それなりに見えますが・・・
実際はほんのちょっとのスペースに、かなり小ぢんまりと残っている感じです。
だからでしょうね、案内版も全然ありませんでした。
たぶん、宿でもらった絵地図がなかったら名前も判らなかったスーパー地味系遺跡です。



まぁ、そんな風にサイクリングをするように見て回ったら・・・
すぐに「ワット・プラ・パーイ・ルアン」の御堀の周りの道を一周してしまい、結局あの「鉄砲」の置いてある案内版に戻ってきてしまったのでした。
※ 今回で北側の遺跡群の紹介は終了です!  次回から西側の遺跡群の話になりま~す!!


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

鉄砲はこわい・・・

スコータイ歴史遺跡公園の北側の大規模遺跡「ワット・プラ・パーイ・ルアン」の周りは、広い敷地を御堀が囲んでいることは前にも書きましたが・・・
そのお堀の周り、特に北側と東側には小規模ながら遺跡がたくさんあります。
(堀の東側の遺跡の話はコチラ:下の写真の赤いトコ)


 ワット・プラ・パーイ・ルアン 青枠が「ワット・プラ・パーイ・ルアン」の御堀


今回はこの御堀の北側の話です。
ツーリスト・インフォメーション・センター側から、トゥーリアン窯へと自転車を走らせていました。


 ワット・プラ・パーイ・ルアンの周りの道 サイクリングにはうってつけの道・・・


日が照って、暑すぎるんだけど・・・
自転車を飛ばしていると、吹き抜ける風で汗もひき、なんとも心地よいです。



そうやって、自転車を走らせていると・・・
毎回お馴染みの、見慣れたいつもの遺跡の案内板が見えてきました。


 いつもの遺跡の案内板 あれっ? でもなんか見慣れないものが・・・


瓦が落ちかけている屋根のことじゃないですよ・・・
ちょっと近づいて確認してみますか?


 鉄砲と案内板 「WAT SANGKHAWAT」だそうです・・・


ちがうっ その横っ
なんで、こんな風に鉄砲(ライフル?)が誰もいないトコに放置されてるん
超々小心者のプライサニーはビビりました。

スコータイ遺跡公園の北側の、更に「ワット・プラ・パーイ・ルアン」の北側って・・・
あまり人通りがありません。
お昼ごろの明るい時間なんだけど・・・
周囲を見回しても誰も居なくて、一人きり、そしてライフルが立てかけてある・・・
小心者のプライサニーには、けっこービビる要素満点

しかも、遺跡は案内板のソバに無く・・・
案内板のスグ横に道が延びているんですが、その先が林のようになっていて・・・


 WAT SANGKHAWATへ向かう道 こんな感じ・・・


 うっ  この先なのか・・・

案内板の辺りから見ると、けっこう薄暗そうで・・・
一人で行くのはスゴく嫌な感じ・・・



実はスコータイに向かう飛行機の中で読んだガイド本「地球のナントカ」に・・・
「2007年に単独で見学中の日本人女性が殺害されるという痛ましい事件が発生した。
 (中略) 遺跡は広大で城壁内を除き人は少なく・・・ 」 

なんて記事を読んでいたので、なおさら嫌な感じを拭うことはできず・・・ ココはスルー
※ 参考までに、この殺人事件の犯人はまだ捕まっていないようです。



北側の更に北に点在する他の遺跡を見て周った訳ですが・・・
意外に早く見終わり、結局この場所へ戻ってきてしまったプライサニーでした。う~ん・・・
見れてないのはココだけだしなぁ~


 WAT SANGKHAWATへ向かう道 意を決して、ペダルをこぎだします・・・


この写真を撮ってる辺り・・・
けっこう薄暗くて、しかも先があまり見通せなくてドキドキしてました・・・
なので、自転車こぎながらシャッターを押す・・・
止まっちゃうと、誰か近づいて来やしないかとビビってたんで・・・



でも、薄暗いエリアは意外とスグに通過でき・・・
その先は少し開けていて、左手には広大な田んぼが広がっていました。
(でも右手は林のままだけど・・・ )


 WAT SANGKHAWATへ向かう道


そんな道をもう少し走り続けました。
小心者なんで、看板からどのくらいの距離だったのかはハッキリ言えません。

たぶん、そう遠くないんじゃないかと思うけど・・・
意外とそれなりの距離を走ってるのかもしれないし・・・

ようやく、目指す「WAT SANGKHAWAT」に到着しました。


 WAT SANGKHAWAT WAT SANGKHAWAT

 WAT SANGKHAWAT WAT SANGKHAWAT


結界石で囲まれた本堂しか残っていませんでしたが・・・
プライサニーにとっては、印象深い遺跡のひとつとなりました。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

スコータイでも特に有名なあの大仏がある「ワット・シー・チュム」

「ワット・プラ・パーイ・ルアン」から若干離れている「ワット・シー・チュム」
地図だと一本道ですが、ちょっと枝分かれする所もありました。


 ワット・シー・チュム でも有名な遺跡だから、案内もあって迷いません・・・


この路地を左へ入って100mくらい進むと・・・
通りの左側に料金所があって、その向こうに目指す「ワット・シー・チュム」が見えてきます。


 ワット・シー・チュム ワット・シー・チュム


料金は「城壁北側エリア」全体で100バーツなので・・・
さっきの「ワット・プラ・パーイ・ルアン」でのチケットを見せれば、払う必要はありません。

この右側の売店で、冷え冷えの水にありつくことができました。
スコータイといえばここの大仏ってくらい有名遺跡ですから、他では見ない土産物屋まで出ています。


 DSC04262.jpg DSC04263.jpg


とはいえ、真っ昼間の暑い時間帯・・・
ワザワザこの時間帯に見に来る観光客は、少ないようで・・・
ファランの個人観光客+タイ人ガイドのペアが1組いただけでした。
(プライサニーが遺跡を出る頃に、もう1組ファランとタイ人ガイドのペアが来ました。)



なにはともあれ・・・
スコータイを代表する有名な遺跡ですから、写真をいっぱいUPしちゃいましょう!


 ワット・シー・チュム ワット・シー・チュム

 ワット・シー・チュム  ワット・シー・チュム

 ワット・シー・チュム  ワット・シー・チュム


「あ~、なんか見たことある~」
って思われたか? 思われなかった? かは判りませんが・・・
有名な「アチャナ仏」です。

高さ約15m・・・
当時、壁の顔の高さの辺りにある小窓から、王様が御言葉を発せられ・・・
それが「アチャナ仏」がしゃべっているように聞こえた。と伝えられています。
今でも、多くのタイ人の間で信仰を集めているそうです。

プライサニーも・・・
スコータイに来るんだったら、「ゼッタイこれは見たい」って思っていたので、感激しました


 ワット・シー・チュム 


あともう1つ・・・
デッカい本堂の横に、礼拝堂があって・・・


 ワット・シー・チュム ワット・シー・チュム

  ワット・シー・チュム こちらも、しっかりお参りしてきました。


スコータイに行くんだったら、ぜひ見てきてほしい遺跡です。
(ツアーだったら、たぶん外れることはないと思います。)



あと1つ・・・
ここのチケット窓口にいたオバちゃん、めっちゃイイ人でした。
ちょっとの時間だったけど、楽しい時間が過ごせました。


 ワット・シー・チュム ワット・シー・チュム


このオバちゃんに、他のお薦めの遺跡を聞いたら・・・
「北側は他はたいしたことないから、西側エリアに行った方がイイ」って・・・

だから、西側エリアは行く予定じゃなかったんだけど・・・
自転車を走らせたプライサニーです。
そしてその西側エリアには、過酷な行程と絶景が待っているのでした



にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

御堀を越えて行く「ワット・プラ・パーイ・ルアン」 ここって、スコータイで2番目に重要な寺院遺跡なんじゃ?!

久々の更新になってしまいました。「スコータイに行った話」シリーズです。
今回は、スコータイ遺跡の中で「ワット・マハタート」の次に重要寺院であったと考えられている「ワット・プラ・パーイ・ルアン」です。

ここは、スゴく広い敷地があって・・・
規模もデカかったんだろーなーと想像できるのですが、建造物はあまり残っていません。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン 赤く囲んでいる所は・・・


前回紹介した、北側入ってスグの地味系遺跡郡のエリアなんですが・・・
今回の「ワット・プラ・パーイ・ルアン」は、その敷地だけで青囲みのエリアになります。
広ぃ~~~~~

ここの敷地には、「回」の字の更に内側に、もう1つ「口」があるような感じで道があります。
で、ちょうど青囲みの辺りが御堀になっています。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


この道は「回」の字の下のライン辺りを自転車で走っているときのものです。
ようやく11時くらいになった頃で・・・
めっちゃ日差しが強くて、自転車を停めると汗が滝のように流れてしまいます。



料金所で「北側エリア」の代金100バーツを払って、中へ入ります。
この辺りまで来たところで、持っていた500mlペット2本の水も飲み干しちゃいました。
さて、ここで水も補給しましょうか・・・


 ワット・プラ・パーイ・ルアン


料金所のオバちゃんに、水をドコで売ってるのか?聞いてみると・・・
「ここは、売ってないよ。向こうのワット・シーチュムで売ってるよ。」とツレナイ答え・・・ 
暑い最中なので、ガクゥ~っときます。。。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン 気を取り直して、中に入っていきましょう・・・


目の前の道が、真ん中の「口」です。
その道に沿って、自転車でぐるぅ~っと回って行くと・・・

御堀で釣りをしているタイ人がいたり、放牧された水牛がいたりしますが・・・
観光客は全然いません。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン


料金所を入ってきた時に、遠目に大きめの仏塔(プラーン)が見えたので・・・
スコータイで2番目に重要だった寺院の遺跡って、いろいろあるんだろーなーって期待してたんですが・・・
もしかして、ここも地味系?
そう思っいながらペダルをこいでいた時に、ようやく遺跡が目に入ってきました。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ようやく登場!


あ~、やっぱり地味系なのか・・・



駐輪スペースに自転車を停めて、メインの遺跡の方へ向かっていくと・・・
キレイに積み直した?歩道があって、芝生もちゃんと刈られていて、ちゃんと整備管理されている感じです。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン

 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


残っている遺跡は、あまり手を加えられていないみたいで・・・
今にも崩れ落ちそうな感じだったり、仏像が崩れ落ちた跡が残っていたり、風化してしまっていたりして・・・
城壁内にあった寺院遺跡とは、ちょっと趣が違います。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


手前は涅槃仏で、奥は遊歩仏でしょう・・・


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


横から見た方が、判りやすいですかね・・・
あと、遊歩仏の横には、また別の立像があったのが判ります。みんな崩れ落ちてるのが残念・・・

その横をすり抜けて、奥にある仏塔(チェディー)に向かいます。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


こちらは更に崩れ落ちてて、スゴいことになっています。
かろうじて何体かは、そこに仏像が安置してあったことが判る感じです。。。

その先には、礼拝堂とクメール式の仏塔(プラーン)があります。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン 


このプラーン、実は「ワット・シーサワイ」みたいに3塔が並んでいたそうですが・・・
今残っているのは1塔のみ・・・

 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


もう風化してしまっているんでしょうが・・・
上の方にポツポツでている突起物のようなのは、全部仏像だったんではないでしょうか?
当時はスゴかったんだろ~ なぁ~

3塔あったプラーンのとこまで来ると・・・
残り2塔の基礎部分は残っているので、その雰囲気もよく判ります。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


と同時に、復元予想図がありました。


 ワット・プラ・パーイ・ルアン ワット・プラ・パーイ・ルアン


いやぁ~、地味系だなんてとんでもない・・・ (汗)
当時、格式高かった事を思いうかばせてくれる、立派な寺院遺跡でした。



でも・・・
日差しを遮ってくれる背の高い木々がないので、暑い暑い・・・
だからあの時間帯、観光客が全然いなかったのかもしれません。

ということで、水を売ってる売店もある「ワット・シーチュム」へ向かいましょう!

※ 城壁外の遺跡の見学(特に北部と西部)の際は、日差しを遮ってくれる場所が少ないので
  熱中症対策は十分ご注意ください。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

サーン・ルアン門を抜けて城壁北部エリアへ・・・

「スコータイに行った話」シリーズです。
今日からスコータイ旧市街の城壁の北側の話になります。

前回の城壁内の無料の遺跡「ワット・ソン・カオ」の・・・
ぐるっと回った先の四角い箱型倉庫風の遺跡のすぐ横に、小道と小さな堀があって・・・
その先に、ちょっとだけ盛り土された城壁跡があります。


 サーン・ルアン門近辺の城壁跡 ほんと、これだけ・・・


判りますでしょうか?
写真の奥の方に、「ワット・ソン・カオ」の遺跡が少しだけ見えます。

白い昔の案内版は、色あせてて読とれませんでした。
たぶん、近づいたら判別できるんだろうけど・・・
ただ、その先の方・・・
道路が城壁を越えてスグの場所に、現行の案内版があって・・・


 サーン・ルアン門の案内版


「SARN LUANG GATE」って表示してあります。
「サーン・ルアン門」です。
ここからが、スコータイ遺跡の城壁北側エリアになります。



この「サーン・ルアン門」の看板の奥は・・・
もう1回盛り土されてて、その下ったところに小さな遺跡がありました。


 Wat Mae Chon 全景 Wat Mae Chon


それなりの大きさ(たぶん2mくらい?)のご本尊だけが目立ちます。
あとは礼拝堂でしょうか?
典型的な並びの小規模寺院跡「Wat Mae Chon(ワット・メーチョン?)」です。
ここもプライサニーの持ってるガイド本には載っていません。現地のイラスト地図には載ってます。
ということで・・・
ほぼ全く、どーいう遺跡かは判りません。


 Wat Mae Chon Wat Mae Chon


仏さまの視線の先には、「サーン・ルアン門」から続いている通りがあるのですが・・・
そこを通った何台かのクルマも、スーッと通り過ぎています。

城壁を越えて、ほとんど緑一色の中にサッと仏さまが現れるので、プライサニーには印象的だったのですが・・・
この寺院は、あまり興味を持たれることはないようです。
惜しいなぁ~



「サーン・ルアン門」から来ると・・・
城壁跡の盛り土に隠れてしまっているようで、すぐには気がつかなかったのですが・・・
「ワット・メーチョン?」の通りを挟んで反対側・・・
ちょっと奥まった場所にも、もう1つ寺院遺跡がありました。


 Wat Traphang Pan Wat Traphang Pan


「Wat Traphang Pan(ワット・トラパン・パン?)」です。
ここはこっち(スコータイ)で配布されているイラスト地図にも、名前もイラストも載っていません。
まさに、地味系で・・・
写真の白塗りの昔の案内版はありますが、現行の案内版はありません・・・


 Wat Traphang Pan Wat Traphang Pan


さっきの「ワット・メーチョン?」のような目立つご本尊はありませんが・・・
昔は4~5mあったんだろうと思える仏塔の土台と、礼拝堂か?本堂?の壁らしき跡が残っています。
ここも観光客が来ているような形跡はほどんどなし・・・
惜しいです・・・
ちなみに、右の写真の奥に写っている遺跡は、たぶん別の遺跡です。。。



その奥に写ってる遺跡が、ここ・・・
雨が降った後だから、こんなに堀みたいになってしまっているのか?


 その奥の遺跡 その奥の遺跡


普段から堀になっているのか?は不明です。

もちろん、こちら(スコータイ)のイラスト地図にも載っていません。
ていうか、どこから近づいてイイかも不明。
さらに言うと、寺院名の表示された看板すら見つけることができませんでした。


 その奥の遺跡 別の角度から・・・


礼拝堂の壁的な遺跡がそれなりに残っているように見えるので・・・
なんとか近くまで行って、様子を見たかったのですが・・・
堀の幅も2~3mはあるし、その奥もジトジトの湿地帯っぽくなっていたので断念・・・
地味系遺跡に、お腹いっぱい気味。



そう思っていても、地味系が続きます。
この「サーン・ルアン門」を出た辺りは地味系の宝庫みたいで、更に名前のない遺跡が・・・


 こちらも名前不明の遺跡 こちらも名前不明の遺跡


ここは、仏塔やらシッカリ原型を留めているんですが・・・
なぜか名前の表示を見つけれませんでした。
これだけシッカリ残ってるのに、案内板が見つからないのは不思議・・・

めちゃ小さめの仏塔で、礼拝堂も小さいんで・・・
名前がないのは、テーマパークとかにあるようなレプリカか?とも一瞬思ったんですが・・・
「誰も集まらない無名遺跡エリアに、そんなの置くわけないよなー」
とも思うし・・・
まぁ、たぶんこれもホンモノの遺跡なんでしょう・・・



ぶっちゃけ城壁の北側エリアって・・・
有名な遺跡は2つだけで、他はほぼ知られていない地味系の遺跡ばかりです。
そんな地味系エリアを更に自転車で走っていると・・・


 道を進んでいくと・・・ また基礎部分だけの遺跡が・・・


もちろん、ここも案内版なしです・・・
現地スコータイのイラスト地図にも何の表記もありません。

遺跡の周囲には、牛飼いの兄さんが牛さんを放牧していました。
「牛さん、お食事中におジャマしてスミマセン・・・ 」


 基礎部分だけの遺跡が・・・ こんな基礎部分だけ・・・


牛さん 「はいよ、写真撮るんならオレ達はどいといてやるよっ・・・
     でもここじゃー、そんなイイ写真は撮れねーぜ・・・ 」


 行ってしまった・・・


まぁ、そんな事は言ってないのかもしれませんが・・・
牛さんたちは、牛飼いの兄さんに導かれて、向こうの方へ歩いていかれました。



この辺りをまわっていたら・・・
地味系の寺院遺跡で、お腹いっぱいになってしまいます。
なので次回は、ちょっと順番を前後させちゃって、有名どころを紹介したいと思います。



にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

城壁内の無料の遺跡 ワット・ソン・カオ

「スコータイに行った話」シリーズ・・・
城壁北側のエリアに向かう途中の話の続きです。

ゾウの仏塔が印象的だった「ワット・ソラサック」から・・・
更にひと区画北側に、もう少し規模の大きい寺院遺跡「ワット・ソン・カオ」があります。
地味系かっ?って思ったけど・・・
意外に広い敷地なので、昔はそれなりに重要な寺院だったのかもしれません。


 ワット・ソン・カオ ワット・ソン・カオ


でもここも・・・
プライサニーの持ってるガイド本には、地図に名前が載ってるだけ・・・
案内板なんか、名前の文字が一部はげ落ちちゃってます。
大通りから少し入っているからでしょうか? 見に来る人は、かなり少ない印象です。



遺跡に近づいてみると・・・
仏塔と礼拝堂を囲むように、石積みの跡がキチンと残っています。


 ワット・ソン・カオ


仏塔は、土台はそれなりに残っているものの・・・
見ての通り先っぽは崩れちゃってます。

しかも上段の細くなってる部分は、けっこう傾いちゃっているので・・・
そのうち崩れ落ちちゃうかもしれません。


 ワット・ソン・カオ ワット・ソン・カオ


仏塔の先には、定番ですが礼拝堂もあります。

気になったのが、その奥にある四角い箱型倉庫みたいなヤツ・・・
自転車まで戻って、反対側に回ってみたんですが、高さ4mまではない感じでしょうか?


 ワット・ソン・カオ 反対側は細い道のスグ真横だった・・・

 ワット・ソン・カオ ワット・ソン・カオ


手前には、それなりの広さの石積みがあるし・・・
当時この中には、立派なご本尊があったのかもしれません。


 ワット・ソン・カオ


けっこう見ごたえのある、ちゃんとした遺跡だと思うんですけど・・・
プライサニーがココにいる間、観光客らしき人は誰も見に来ませんでした。

もしスコータイ遺跡を見にに来る機会があったら・・・
有名遺跡からもそう離れてないし、ちょっと寄ってみても損はないんじゃないかなぁ~
と思ったプライサニーでした。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

城壁内の無料の遺跡 ター・バー・デーン堂

城壁内の有料エリアを囲む柵沿いに、自転車で進んでいたプライサニーですが・・・
前回の「ワット・ソラサック」側に行かず真っ直ぐ進むと、キチンと舗装された道が北側へ延びています。
北側エリアへとつながる「サーン・ルアン門」への道です。

ちょうど道の角の辺りが、ちょっとしたスペースになっていて・・・
そこにスコータイ遺跡の中で、最古といわれる「ター・バー・デーン堂」があります。


 ター・バー・デーン堂 コイツです・・・


さすがに最古だけあって、日本のガイド本にもシッカリと載っています。
アンコール王朝の時代に建てられたヒンズー教の祠らしくて・・・
アンコール・ワットにあるのと同じ様式のヒンズーの神様が何体も発見されているそうです。

パッと見では、大きさが判り難いと思ったので・・・
こんな写真を用意してみました。


 ター・バー・デーン堂 左端に自転車が写っています・・・


祠を登ってみると・・・
階段の1段1段が、けっこー高いです。
それでいて各段の幅が狭いもんだから、少しだけ怖さがあります。


 ター・バー・デーン堂 降りる時が、怖い・・・


祠の中には、お供えもあったから・・・
ここにもシッカリ参拝に来るタイ人がいるんでしょーね・・・


 ター・バー・デーン堂 ター・バー・デーン堂


祠の奥まで行くと、その先は絶壁になってて降りれません。
奥と手前とから周りを眺めたら、城壁内の有料エリアの遺跡が意外によく見えます。
有料エリアには直近です。(柵までは道を挟んで約50m)



ぶっちゃけ、この祠だけしかないので・・・
通過するときに、チラッと見るだけでもイイのかもしれません。

まー、でも・・・
最古の遺跡ですから、見る時間があるんだったら、見た方がイイのかもしれません。
デカくて迫力あるけど、プライサニーの印象はそんな感じです。



それから、「ター・バー・デーン堂」から先に進んでみると・・・
かなり木々が茂っています。
ちょっと奥まで行きたくない雰囲気なんですが、少し自転車を走らせてみたら・・・


 名も無き遺跡 こんな感じで・・・


整備されていない遺跡が、あちこちに点在しているのに気づきました。
こっちの観光客用のイラスト入りの地図でも、イラストも名前も載っていない無名の遺跡・・・

近づいてみようと思ったんですが、草ボーボーだし・・・
ジトジトでヌメって、足がズボりそうだし・・・
遺跡によっては、途中に小川が流れてたりして、思うようには近づけません。

 
 名も無き遺跡 ズームで撮ったものをUP・・・


城壁内の地図をひろげて見ると・・・
「ター・バー・デーン堂」の奥は、かなりのスペースがあります。
こんな名前もついてない(もしかしたら、名前はついてる?)うもれている遺跡が、もしかしたらあるのかもしれません。

「整備される前のスコータイは、こんなうもれた感じだったのかもなー」
そんな事を考えながら、北エリアへむけて自転車を走らせました。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

城壁内の無料の遺跡 ワット・トラ・パン・ソーとワット・ソラサック

城壁内の有料エリアも、ほぼ見終えたので・・・
来た時と同じ「ワット・マイ」そばの料金所から出て、城壁北エリアへと向かいました。。。

その途中の道ですが・・・
スコータイ旧市街の道の中では、車の通りも多いし、スピードもそれなりに出しています。
サイクリング・スペースのないところも多いですのでご注意ください。



有料エリアの柵にそって自転車を走らせてると・・・
道の反対側に御池があって、その御池の小島にある寺院の基礎らしき跡に気づきました。 


 Wat Tra Phang So Wat Tra Phang So です・・・


現地で配られている遺跡のイラスト入り地図には載っていますが・・・
日本のガイド本では、今のところを表記されているを見たことはありません。
(地図に池だけ載ってるのは見たけど・・・ )

なので、名前の発音も微妙なのですが・・・
「ワット・トラ・パン・ソー」で、だぶんイイと思います。


 Wat Tra Phang So 御池に沿って入っていくと・・・


 Wat Tra Phang So 雨季のせいか、どんどんジトジトの道に・・・


写真だと判り難いかも、ですが・・・
奥の方は思いっきりジトジトしてて、自転車で行くのは断念

寺院の基礎部分くらいしか残ってないのも明白なので・・・
これで見たことにします。



「まぁ、無料の遺跡なんて、こんなもんなんかなー」
なんて思いたくなるところですが、この御池に沿って自転車で入っていった先に・・・

 ワット・ソラサック ワット・ソラサック


この「ワット・ソラサック」がありました。
プライサニーの持っているガイド本の地図には、名前だけ載っています。


 ワット・ソラサック ワット・ソラサック4


だから、いわれとかは全然判らないんですが・・・
仏塔とウィハーンだけあって、仏塔は昨日見た「ワット・チャンロムの」と同じで・・・
下でゾウさんが支える形になっています。

といっても、仏塔は「ワット・チャンロム」と比べて、そんなに大きくありません。
(遺跡としての規模も小さめ・・・ )
ただゾウさんは、こっちのほうがシッカリ残っています。
(復元かもしれまんせんが・・・ )


 ワット・ソラサック ワット・ソラサック


寺院を囲むように、道がぐるっと走っていて・・・
芝生も比較的キレイに刈られていて、お散歩がてら見て歩くのには調度いい感じ・・・
(上の2枚は、囲んでいる歩道から撮影)

ウィハーンのとこまで来てみたら・・・
ここの遺跡が、きちんと整備されているのがよく判ります。


 ワット・ソラサック7 ワット・ソラサック6


規模は小さいけど・・・
これだけ整備されてるんだから、日本のガイド本も少しは紹介してたらイイのになー
なんて思いました。
写真映えもすると思うしー



歴史遺跡公園の有料入口から道沿いでも500mくらい・・・
有料エリアの柵の一番近いとこからだと、直線で100mくらいとメチャ近いので・・・
ぜひ一緒に見てまわってしまいたい寺院の1つです。

城壁内エリアには、そんな寺院遺跡がまだまだあります。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
訪問者数
プロフィール

プライサニー

Author:プライサニー
ไปรษณีย์
5歳まで父親の仕事の関係でタイにいたらしいです。
でも…
全然、記憶にありません。
たまたま20数年ぶりに渡タイして以来、タイが好きになってハマってしまいました。
いつの日かタイに住むことを夢見て日々を過ごしています。

今年はもう少し多めに更新したいと思っています。
コメント大歓迎です。
気軽に書き込んでってください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
ランキング登録サイト
明日の更新の励みになります。             1クリック頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 
                                                                                     人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
お勧めタイ商品
                                                         
管理人より・・・
当ブログはリンクフリーです。                    コメント欄にコメントと共に「相互リンクを希望する旨」をお書き頂ければ、当ブログからもリンクさせて頂きます。                                        ただし、スケベ系の内容のサイトと判断させて頂いた場合などにはリンクをお断りさせて頂く場合があります。

2009.09.14                     管理人:プライサニー              


拙ブログは、少しでも多くの日本人の方々にタイを好きになって頂きたく、再度オープンさせて頂きました。
その趣旨からもご投稿いただけるコメントは、タイに関して好意的なものを希望しております。
否定的なコメントはご遠慮頂けますと幸いです。

2010.07.01 
管理人:プライサニー


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト


いつも心にタイ国旗を!!
検索フォーム
全国のタイフェスティバル等
<東京のタイフェス>
12.05.12~12.05.13
●渋谷区代々木公園

<大阪のタイフェス>
12.05.19~12.05.20
●大阪城公園 太陽の広場

<名古屋のタイフェス>
12.05.26~12.05.27
●久屋大通公園


<アジア太平洋フェス>
2012年の予定はまだ未定です
●マリンメッセ福岡
     
リンク
タイの宿
~ バンコクの宿 ~~

★オンヌット駅から最至近の宿★
 この宿についての記事を読む
 グリーンベルズ・オンヌット

★豪華さならトップクラス★
 この宿についての記事を読む
 アマンタ・ラチャダー

★初渡タイで泊まった高級宿★
 この宿についての記事を読む
 プレジデント・ソリティア

★昔のプライサニーの定番宿★
 センターポイントサラデーン
 センターポイント・サラデーン

★アソークのお得な宿★
 シタディン23
 シタディン・スクンビット23

★アソークの隠れ家的宿★
 アドミラル
 アドミラル・プレミア

★エンポリアムも徒歩圏★
 アダルフィ
 アダルフィ・グランデ

★お部屋が広い★
 プレジデントパーク
 プレジデント・パーク
 

~ スコータイの宿~~

★遺跡から1kmの洒落た宿★
 この宿についての記事を読む
 レジェンダ・スコータイ
 



リンク
情報提供・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイに住みたい!!
DSC00206_プラグ DSC00265_プラグ DSC00205_プラグ DSC00204_プラグ DSC00245_プラグ DSC00212_プラグ DSC00202_プラグ DSC00197_プラグ DSC00208_プラグ DSC00201_プラグ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。