スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥン・シー・ムアン公園そばの屋台街・・・

「ウボンへ行った話」シリーズ・・・
ナイトパレードの翌日に見てまわった寺院の話が続いていますが、ちょっと話をもどして・・・
今回は、屋台街の話でも・・・



ナイトパレードを見た後・・・
最後に寄ったのがトゥン・シー・ムアン公園そばの屋台街でした。
既に疲れで、宿に戻りたい気分だったんですが・・・


 DSC02885.jpg シメに、クィッテアオでも食おうか・・・


もうですね・・・
時計も見てなかったんですけど、かなり遅い時間だったんだと思います。
ほとんどの店は店じまいの準備中。
かなり睡魔も襲ってきつつあったんですが、なんか足がフラフラと引きつけられていきました。

でもね、終わり近いからか???
散乱しているゴミもすげー 



それでも、まだやってたオバちゃんの店へ・・・


 DSC00319.jpg DSC00321.jpg


めちゃ美味っ!
というヤツではありませんでしたが・・・
酔ったオッさんには丁度いいシメになりました。

でも、食ってると・・・
どんどん周りの店の片づけが進んでいって、客もほとんどいなくなって・・・
酔っぱらいでも、ちょっと気がひけてしまいました。



なもんで・・・
ささーっと、早々に食っちゃって宿へと戻りました。


 DSC02886.jpg 帰ったら、スグ爆睡・・・


たぶん、「激美味っ!」な店もあると思います。
ぜひウボンまで行かれた際には、チャレンジしてみてください。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ムーン川のほとりにある寺院 ワット・スパッタナーラーム(Wat Supattanaram)

ワット・シーウボンラットを、さっき来た門から出ると・・・
さっきまでガラァ~ンとりていた通りも、ようやく車が走り出したりしていました。


 ウボンのメイン通り この左で前日にパレードが・・・


ここから少し歩いたところに・・・
あと1つガイド本に載っていた寺院があるので行ってみようと向かっていると・・・
友人も目を覚ましたようで、携帯に連絡が入ってきました。



多少話しているうちに・・・
目指すワットも見えてきたので、ちょっとだけ見ていきました。


 ワット・スパッタナーラーム ワット・スパッタナーラームです。


寺院の入口あたりには・・・
サムローやバイクが停ってて、何人かが朝食をとっていました。

ソンテウの停留所でもあるようで・・・
地元の方たちが待ってたり、やってきたソンテウに乗っていったり、飯食ってたりしてました。


  ワット・スパッタナーラームの門 ここは、門がスゴくデカくて立派です!!


ちょっと判りにくいと思いますが・・・
ハスの花とロウソクが、細やかに掘り込まれていています。



門もデカいですが、入ってみると中も広いですし・・・
本堂もデカいです。


 ワット・スパッタナーラーム ワット・スパッタナーラームの本堂


本堂の壁面上部にも細やかな彫り込みがされ・・・
屋根の端にはバンコクなどではあまり見ないナーガ(蛇神)が飾られています。

友人も起きちゃってるし・・・
帰りの時間もあるので、軽く見ただけで出たのですが・・・


 ワット・スパッタナーラームのご本尊 本堂はこんな感じ・・・


じっくりお参りして、他の周囲も見てまわりたかったです。
次にウボンに来た時のお楽しみですね・・・



このワット・スパッタナーラームは・・・
ウボンを流れるムーン川のほとりにあるんですが、寺院を出るとスグその先に・・・


 ムーン川のとりのナーガ 大きなナーガの首がありました


ちょうど対になって置いてあって・・・
その間に下っていく階段があって、その先がムーン川でした。


 ムーン川のほとり 大河メコンへと流れ込むムーン川・・・


なんともウボンらしい(と勝手に感じちゃえる)光景に・・・
「あー、いいなぁー 」
って少しの間、見とれてしまいました。



帰りはバスなので・・・
あんまりゆっくりしていると、今日中に帰り着かないかもしれないので・・・
このあとは早足で宿へと戻ったプライサニーでした。

あー、ウボン・・・
また行きたいなぁ~~~~


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

ついにローソン、タイ進出か?

タイでコンビニっていったら・・・
セブンとファミマは見かけるんだけど、ローソンは見かけませんでした。
タイには進出してなかったんですよねー


 ローソン 


ちなみに、プライサニーは・・・
日本ではローソン派ですが、タイでは今まではセブン派でした。
これからの展開が楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~
2012年8月27日 0時51分
タイ消費財大手サハ、コンビニ事業でローソンと交渉開始

 タイの英字紙大手バンコクポストなどが、タイ消費財大手サハパタナピブン・グループがローソンと合弁会社を設立しタイでコンビニエンスストアの展開を検討していると報じた。
サハがタイで展開する自社コンビニエンスストア「108ショップ」約500店を「ローソン」に衣替えする方向で検討中だという。
ニュースクリップの電話取材に対し、サハは「交渉は始まったばかりで詳細は明らかにできない」と回答した。
タイのコンビニはセブンイレブンが約6600店と最多。ファミリマートは7月末時点で735店。

newsclip」より

にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

癒しの空間 ワット・シーウボンラット(Wat Sriubonrat)

ワット・トゥンシームアンを出て・・・
まだ少し時間があったので、前日に飲んだトゥンシームアン公園を横切って・・・
ナイトパレードがあった通りに行ってみました。


 前日にパレードがあった通りはまだ観客席が残っていた 通りには、まだ観客席が残っていて・・・


「あぁ、昨日ここでパレードを見てたんだなぁ~」

って辺りを見渡していると、まだガラァ~ンとしてて・・・
前夜には、たくさんいた観客のせいで全然気がつかなかった告知広告が目に入ってきました。


 タイ歌謡のイベントの告知広告 あー、昨日見た歌謡ショーの告知ですね。。。


タイ歌謡に詳しいkapirajaさんに教えて頂いて・・・
あのオバちゃん歌手は、バーンイェン・ラーケンさんという長いキャリアのある人気のモーラム歌手だと判りましたが・・・
そんなん考えてると「見とけば良かった」と、ここでも後悔の念がよぎります。



と・・・ 話がそれてしまいましたが・・・ 
そんな告知広告や観客席の間から入っていける門があって・・・


 ワット・シーウボンラットの門 ここから、ワット・シーウボンラットに入れます


持ってるガイド本では・・・
ウボンの見どころの一番に出てきてたので、「どんだけ見どころいっぱいなんか?」って思ってたら・・・
門の雰囲気からも判るように・・・
街中なのにそこだけ森のように木々が茂っていて、違う雰囲気・・・

寺院の敷地の多くが木陰になっていて・・・
たぶん陽が高くなると、タイ人たちが集まってきて憩いの場なるんでしょうね。



寺院自体は、バンコクのワット・ベンチャマホビットを模倣して・・・
そしてご本尊は、ワット・プラケオにあるエメラルド仏と同じ様式の仏さまなんだそうです。
(エメラルド仏と同じく18世紀にラオスから持ち込まれたものらしい・・・ )


 ワット・シーウボンラットの本堂


なんか有名どころのマネっ子みたいな感じなんですけど・・・
見るべきところっていったら写真の本堂と門くらいで、後は木々の多い森林公園って感じです。



まぁ建物はそんな感じなんですけど・・・
木々の中を歩いていると「なんか動いてるっぽいなぁ~」って感じちゃって・・・
頭上を見上げると・・・


 ワット・シーウボンラットの敷地内の電線を元気に走り回る コイツが元気に走っていました・・・


リス? ネズミ?
何て名前のヤツなんだか?判りませんが、ここだけでたぶん7~8匹は見ました。
癒されるね~


  ひっくり返っても落ちない ひっくり返っても落ないし・・・


くるくる回ったりして遊んでました。(笑)
ウボンのオッちゃんやオバちゃん達も、コイツらの姿を見ながらのんびり過ごすんかなぁ~
なんかイイですよね、そーいうの・・・



ガイド本では、ウボン一番の見どころになっていましたが・・・
プライサニーにしたら・・・
ワット・シーウボンラットは、ウボンで一番の癒される場所かなぁーなんて・・・
思ったりしました。


 ワット・シーウボンラットのご本尊


ちなみに、こちらがここのご本尊です。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

御池に浮かぶ経蔵が印象的 ワット・トゥンシームアン(Wat ThungSriMuang)

ロウソク祭りのナイトパレードで盛り上がって爆睡した翌日・・・
二日酔いしてるかと思いきや早朝からパッチリ目が覚め、しかも気分もさわやか爽快
やっぱ、タイの田舎はいいですねー


 宿の前の通り さっそく、街歩きしてみます。。。


TATのウボン事務所の前を通って・・・
昨日のロウソク彫刻の山車が並べられていた所へ行ってみました。

酔っ払ってたし、夜だったのでハッキリ判らなかったんですが・・・
明るくなって見てみると、ホントすっごい数の山車が並んでいたんですね。圧巻です。


 ロウ彫刻が並べられた通り ロウ彫刻が並べられた通り


この通りからの奥に入ると・・・
本題の「ワット・トゥンシームアン」の敷地内に入っていました。



ここはラマ3世の時代・・・
ワット・サケットの修行僧がウボンを訪れた際に建立された由緒正しいワットです。


 ワット・トゥンシームアンの講堂


早朝だったからなのか?
まだ参拝するタイ人もいなくて静かな感じの中、立派な仏さまも安置されていて・・・


 ワット・トゥンシームアンの仏さま


ゆっくり時間があるなら、心を落ち着けてずっと手を合わせていたい・・
そんな気にさせてくれる場所でした。



ハスの葉が浮かんだ御池には・・・
高床式の経蔵(ウボーソット)があって、木板の色合い長い歴史を感じさせてくれます。


 ワット・トゥンシームアンの経堂 屋根が6層造りになっていて・・・


タイとビルマ、ラオスの様式を折衷したものらしいです。
もしかしたら・・・
この様式はタイでも貴重なのかも知れません。

池の橋から延びている渡り橋では・・・
お坊さまが御池を眺めてらっしゃって、池の魚に餌でもあげてたのかな?


 経堂にいた僧侶たち


「オレンジ」の袈裟と経蔵の「茶」の対比が、とてもタイらしくて印象的でした。



その先まで歩いていくと・・・
きっとこちらが、このワットの正面の門になるんでしょうね。


 ワット・トゥンシームアンの門 白く美しい門がありました。


門の正面には、小さいながらも美しいタイ様式の本堂らしき建物が・・・

後でガイド本を読むと・・・
本堂にはワット・サケットから貰い受けた仏足石のレプリカがあるそうで・・・
内部には、仏さまの生涯とイサンの古い生活様式が壁画として残されているそうです。


 ワット・トゥンシームアンの本堂? ワット・トゥンシームアンの本堂?


ただ、その時は全然知らなくて・・・
朝の静寂な雰囲気と、閉じられていた扉に、なんとなく入り難さを感じ・・・
奥まで覗いて見ることはできませんでした。

見とけば良かったですね(笑)
後悔後に先にたたず・・・


  ワット・トゥンシームアンの仏足石 ちなみにコレはネットでみつけたヤツ・・・


とても判りやすい場所ですし・・
ウボンに来たら、ぜひ行ってみてよい場所の1つではないかと思います。
早朝の雰囲気がとても良くて好きでした。


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

タイにも熊っているんですね・・・

全然知らなかったんですが、熊って南国タイにもいたんですね。
カンボジアとの国境近いサケーウ県で、人を襲ったツキノワグマが捕獲されました。


 くまさん


「えーっ タイにも熊っているんだぁ~ しかも月輪熊が??? 」
って思っちゃいました。

で、調べてみたら・・・
日本では「月輪熊(ツキノワグマ)」って名前が一般的ですが・・・
「アジアクロクマ」とか、「ヒマラヤクマ」とかいう別の名も持っているんですね。
認識不足でした。


タイでは熊にも気をつけなきゃ・・・
なんてね。(笑)
タイの田舎が好きでも、奥地まで行くときは十分注意が必要かもしれません。


~~~~~~~~~~~~~
2012年8月21日 2時39分
男性襲撃のツキノワグマ、山狩りで捕獲 タイ東部サケーウ

 19日、タイ東部サケーウ県の村外れで、国立公園職員のタイ人男性(36)がツキノワグマに襲われ重傷を負った。
地元当局は翌20日、職員や周辺の村人など約300人で現場周辺の山狩りを行い、体長170センチ、体重100キロ超のツキノワグマを麻酔銃で捕獲した。

newsclip」より


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

たくさんの山車が飾られてる一帯に遭遇して写真撮りまくり・・・

ビアLEOの3本目を飲み干し、しばらくまったりしてて・・・
さぁそろそろ宿に戻ろうかと、みんなでフラフラ歩いてたんですが・・・


 祭りの会場への入口? ちょうど、この辺りまで歩いてると・・・


通りの向こうに、何かありました。。。



ん????



   



   



   



   



あれはもしや・・・



   



   



   



   



   



   



   



   


(久々のスクロールにお付き合い、ありがとうございます。)


   



   



 
 DSC02856.jpg ええ、そうです・・・


さっきまでパレードしていたロウソク彫刻の山車でした。



ちなみに・・・
同行していたタイ人たちは、この先に飾ってあるのを知っていたようで・・・
驚いたのはプライサニーだけ・・・ 

当然、近づいて行って記念撮影


 DSC02859.jpg DSC02884.jpg

 DSC02858.jpg DSC02865.jpg 


タイ人、いっぱい居すぎ・・・
どんだけ写真に写るの好きなんや?ってくらい写真撮りまくってました。



ロウ彫刻によっては・・・
既に台車から降ろされているのもあって、意外に低い目線になってるのもあったりして・・・
ものによっては小さく見えますが、みなほぼ同じくらいのデカさです。
※ 4枚のうち上2枚が台車から降ろされてるヤツです。

 ここ、そーとー長い時間いました。

タイ人みんな写真撮ってるから、ベストポジションなかなか空かないんです。
しかも同行のタイ人が・・・
全部のロウ彫刻と一緒に写りたかったみたいで、1か所1か所で止まっちゃう
案内役のタイ人なんか、ジモピーやからこんなん珍しくないだろーに・・・

おかげで持ってきてたカメラ・・・
メモリが満杯になっちゃって、過去の写真をだいぶ消去しちゃいましたょ・・・ (泣)
(もちろん、バックアップ取ってますが・・・ )



結局その後も、なかなか宿まで到着させてくれず・・・


 DSC02886.jpg


宿へ戻ったら、バタンキューで眠りについてしまったプライサニーでした。

タイ人って・・・
暑いから昼間はなかなか動かないのに、夜になるとホントに元気です・・・


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

福岡ローカルTVで見た高校生の車イス支援・・・

昨日たまたまローカルTV放送で、見たんですけど・・・
仕事から帰ってきて、さっそく「詳しい情報はないか?」って探して見つけました。


 車いす 


地元、福岡の若者たちが・・・
被災した東北、そして遠くバンコクにまで足を運んで、頑張ってくれることを・・・
とても嬉しく、ありがたく感じました。


TV放送では、サビを落としたり、油を差す・・・
そんな、車イスの修理の様子がが映し出されていました。

バンコクに車イスを届ける際にも・・・
現地タイの学生と交流し、修理方法などを伝える活動も行ってくるようです。

プライサニーは、タイで車イスが使われているのを見た記憶がありません。
もしかしたら、まだ全然普及してないのかもしれません。
彼らの活動が、大きな成果となること・・・
そしてタイの方々にとっても、より良い福祉の向上につながることを願ってやみません。


~~~~~~~~~~~~~
2012年8月3日 01時00分
浮羽工「空飛ぶ車いす」活動 被災の東北、タイへ

 ボランティア活動「空飛ぶ車いす」に参加している浮羽工業高校(久留米市田主丸町)自動車研究部の生徒が夏休みを利用し、東日本大震災で被災した東北と、洪水被害に遭ったタイを訪れ、車いすの寄贈や修理・点検などの奉仕活動をする。
 「空飛ぶ-」は、使われなくなった車いすを再生して海外の障害者に贈ろうと、公益財団法人・日本社会福祉弘済会(東京)の呼び掛けで1999年に始まった運動。
同部は2005年から参加し、市民から寄せられた車いすを修理し、台湾や韓国などに部員自ら届けてきた。
 東北訪問は昨年夏の岩手県陸前高田市に続き2回目。
今年は部員4人が7~10日の日程で同市と宮城県気仙沼市を訪れ、修理済みの車いす4台を贈るとともに、現地で車いすや工事用一輪車の修理にも当たるという。
 初めてとなるタイ訪問は全部員10人が参加。
28日~9月2日、バンコクの施設に車いす10台を届ける一方、現地の工業高校生との「技術交流」も計画。
いずれも教職員2人が引率する。
3年の田島大暉部長は「工業高校生の技術力を発揮しながら、被災地の状況も観察したい」と意気込んでいる。

西日本新聞のWebサイト」より


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

ラク・ムアンの前で、ゆったり時間が流れるのを感じながら飲むビアLEO

トゥン・シー・ムアン公園から辺りを見まわすと・・・
公園の入口?があって、その向こうにたくさんの人が集まっているのが見えました。
そして立派な感じの建物が・・・


 トゥン・シー・ムアン公園から見たラクムアン ウボンのラク・ムアン


ラク・ムアンって・・・
タイで新しい街を興すとき、必ず最初に建てる「聖なる柱」のことで・・・
同じようにバンコクにもあります。
だいたいは、そこを中心に発展していってるのかな?

祭りの夜だからか?
もうかなり遅い時間だったのですが、中は明るく照らされてました。



ラク・ムアンに向かって歩いていると・・・
前回写真をUPしていた「お堀」を渡ることになります。


 トゥン・シー・ムアン公園のお堀


公園を出てラク・ムアンの前の広場にも、夜店が広がっていて・・・
建物に向かう数段の階段に腰掛けて夕涼み(じゃなくて、夜涼みか?)するタイ人や・・・


 ウボンのラク・ムアン周辺の夜 ウボンのラク・ムアン


夜店を見てまわっるカップルがいたりして・・・
ぼーっと眺めていると、なんだか幸せな気分に浸れるプライサニーです。



ラク・ムアンの中の方はというと・・・
たくさんの花輪が飾られていて、お線香の匂いがして・・・


 ウボンのラク・ムアンの中 皆さん、真剣にお祈りしてらっしゃいました。


雰囲気を壊しそうな気がしたので・・・
中での撮影はやめて、プライサニーもお線香を灯し・・・
お祈りしてきました。



この時間になると、さすがに暑かったウボンの夜も・・・
だいぶ過ごしやすくなってきてて・・・
(って、時計を見たら23時くらいだったかなぁ~ )

プライサニーたちも、ラク・ムアン前の階段に腰をおろして・・・
ビアLEOを飲んでいました。ぷはぁ~


 ウボンのラクムアンそばの虫屋 つまみはイサーンならではの「虫」!


ビアLEO、美味いっす
プライサニーは、SINGHAよりも、Changよりも、LEOが好きです



以降の写真は・・・
虫で悪酔いした酔っ払いが撮った、ロウソク祭りのラク・ムアン周辺の1コマ


 宙に浮く蛇口 昼間のパレードの様子を撮ったパネル

 祭りの会場への入口? かなり怪しい大道芸人?


ウボンの夜は楽しい!

ちなみにアルコール好きだけど、めっちゃ弱いプライサニーは・・・
この時も3杯でイイ気分になってました。
アルコール弱すぎ・・・



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
あーあー。酔っ払って撮ったのを、恥ずかしげもなくUPしてしまった・・・

トゥン・シー・ムアン公園

夜店のエリアから戻って、大通りの反対側に向かうと・・・
目の前にはお堀に囲まれたトゥン・シー・ムアン公園があります。


 トゥン・シー・ムアン公園


広い公園の敷地内を見渡すと・・・
パレードを行っていた山車を大きくしたような、巨大なモニュメントが目に飛び込んできます。

近くまで行ってみると・・・
けっこう細かな部分までしっかり細工がしてあってります。美しい・・・


 トゥン・シー・ムアン公園のモニュメント(一部) プライサニーは、こーいうの見ていて飽きません・・・


場所的にみても、このモニュメントのデカさからみても・・・
たぶんここがイサーンの果て?の県、ウボンラチャタニーの象徴的な場所なんではないでしょうか?

夜はライトアップされて、特に美しいです。
(でも、イイ写真がなかった・・・ )



けっこう広くて・・・
しかもこの時は、大部分が状態の良い芝生だったので・・・
ビール片手に、のんびり座って照らされているモニュメントを眺めていました。


 トゥン・シー・ムアン公園 芝生が気持ちイイ~


モニュメントを正面から見てみると・・・
左右に王さまと王妃さまの大きなパネルが飾ってありました。


 トゥン・シー・ムアン公園


他の方のサイトの写真とかを見ると・・・
このパネルはなかったりするので、フェスティバルの時だけ飾ってるのかな?



公園のお堀・・・


 トゥン・シー・ムアン公園のお堀 今いち、上手く撮れてないのが悔しい・・・ 


公園の周囲、お堀の外側には・・・
広範囲に茅葺き?の小屋のような夜店がたくさん並んでいるし・・・
堀のぐるりにも、カラフルな蛍光灯のネオンがずーっと飾られてて、キレイでした。



ウボンの長い夜・・・
 「ずっ~とこの辺を歩いていたい。」
なんとなく、そんな気分にさせてくれる場所でした。



にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
訪問者数
プロフィール

プライサニー

Author:プライサニー
ไปรษณีย์
5歳まで父親の仕事の関係でタイにいたらしいです。
でも…
全然、記憶にありません。
たまたま20数年ぶりに渡タイして以来、タイが好きになってハマってしまいました。
いつの日かタイに住むことを夢見て日々を過ごしています。

今年はもう少し多めに更新したいと思っています。
コメント大歓迎です。
気軽に書き込んでってください。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新記事
ランキング登録サイト
明日の更新の励みになります。             1クリック頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 
                                                                                     人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
お勧めタイ商品
                                                         
管理人より・・・
当ブログはリンクフリーです。                    コメント欄にコメントと共に「相互リンクを希望する旨」をお書き頂ければ、当ブログからもリンクさせて頂きます。                                        ただし、スケベ系の内容のサイトと判断させて頂いた場合などにはリンクをお断りさせて頂く場合があります。

2009.09.14                     管理人:プライサニー              


拙ブログは、少しでも多くの日本人の方々にタイを好きになって頂きたく、再度オープンさせて頂きました。
その趣旨からもご投稿いただけるコメントは、タイに関して好意的なものを希望しております。
否定的なコメントはご遠慮頂けますと幸いです。

2010.07.01 
管理人:プライサニー


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト


いつも心にタイ国旗を!!
検索フォーム
全国のタイフェスティバル等
<東京のタイフェス>
12.05.12~12.05.13
●渋谷区代々木公園

<大阪のタイフェス>
12.05.19~12.05.20
●大阪城公園 太陽の広場

<名古屋のタイフェス>
12.05.26~12.05.27
●久屋大通公園


<アジア太平洋フェス>
2012年の予定はまだ未定です
●マリンメッセ福岡
     
リンク
タイの宿
~ バンコクの宿 ~~

★オンヌット駅から最至近の宿★
 この宿についての記事を読む
 グリーンベルズ・オンヌット

★豪華さならトップクラス★
 この宿についての記事を読む
 アマンタ・ラチャダー

★初渡タイで泊まった高級宿★
 この宿についての記事を読む
 プレジデント・ソリティア

★昔のプライサニーの定番宿★
 センターポイントサラデーン
 センターポイント・サラデーン

★アソークのお得な宿★
 シタディン23
 シタディン・スクンビット23

★アソークの隠れ家的宿★
 アドミラル
 アドミラル・プレミア

★エンポリアムも徒歩圏★
 アダルフィ
 アダルフィ・グランデ

★お部屋が広い★
 プレジデントパーク
 プレジデント・パーク
 

~ スコータイの宿~~

★遺跡から1kmの洒落た宿★
 この宿についての記事を読む
 レジェンダ・スコータイ
 



リンク
情報提供・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイに住みたい!!
DSC00206_プラグ DSC00265_プラグ DSC00205_プラグ DSC00204_プラグ DSC00245_プラグ DSC00212_プラグ DSC00202_プラグ DSC00197_プラグ DSC00208_プラグ DSC00201_プラグ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。