スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城壁内の無料の遺跡 ター・バー・デーン堂

城壁内の有料エリアを囲む柵沿いに、自転車で進んでいたプライサニーですが・・・
前回の「ワット・ソラサック」側に行かず真っ直ぐ進むと、キチンと舗装された道が北側へ延びています。
北側エリアへとつながる「サーン・ルアン門」への道です。

ちょうど道の角の辺りが、ちょっとしたスペースになっていて・・・
そこにスコータイ遺跡の中で、最古といわれる「ター・バー・デーン堂」があります。


 ター・バー・デーン堂 コイツです・・・


さすがに最古だけあって、日本のガイド本にもシッカリと載っています。
アンコール王朝の時代に建てられたヒンズー教の祠らしくて・・・
アンコール・ワットにあるのと同じ様式のヒンズーの神様が何体も発見されているそうです。

パッと見では、大きさが判り難いと思ったので・・・
こんな写真を用意してみました。


 ター・バー・デーン堂 左端に自転車が写っています・・・


祠を登ってみると・・・
階段の1段1段が、けっこー高いです。
それでいて各段の幅が狭いもんだから、少しだけ怖さがあります。


 ター・バー・デーン堂 降りる時が、怖い・・・


祠の中には、お供えもあったから・・・
ここにもシッカリ参拝に来るタイ人がいるんでしょーね・・・


 ター・バー・デーン堂 ター・バー・デーン堂


祠の奥まで行くと、その先は絶壁になってて降りれません。
奥と手前とから周りを眺めたら、城壁内の有料エリアの遺跡が意外によく見えます。
有料エリアには直近です。(柵までは道を挟んで約50m)



ぶっちゃけ、この祠だけしかないので・・・
通過するときに、チラッと見るだけでもイイのかもしれません。

まー、でも・・・
最古の遺跡ですから、見る時間があるんだったら、見た方がイイのかもしれません。
デカくて迫力あるけど、プライサニーの印象はそんな感じです。



それから、「ター・バー・デーン堂」から先に進んでみると・・・
かなり木々が茂っています。
ちょっと奥まで行きたくない雰囲気なんですが、少し自転車を走らせてみたら・・・


 名も無き遺跡 こんな感じで・・・


整備されていない遺跡が、あちこちに点在しているのに気づきました。
こっちの観光客用のイラスト入りの地図でも、イラストも名前も載っていない無名の遺跡・・・

近づいてみようと思ったんですが、草ボーボーだし・・・
ジトジトでヌメって、足がズボりそうだし・・・
遺跡によっては、途中に小川が流れてたりして、思うようには近づけません。

 
 名も無き遺跡 ズームで撮ったものをUP・・・


城壁内の地図をひろげて見ると・・・
「ター・バー・デーン堂」の奥は、かなりのスペースがあります。
こんな名前もついてない(もしかしたら、名前はついてる?)うもれている遺跡が、もしかしたらあるのかもしれません。

「整備される前のスコータイは、こんなうもれた感じだったのかもなー」
そんな事を考えながら、北エリアへむけて自転車を走らせました。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

城壁内の無料の遺跡 ワット・トラ・パン・ソーとワット・ソラサック

城壁内の有料エリアも、ほぼ見終えたので・・・
来た時と同じ「ワット・マイ」そばの料金所から出て、城壁北エリアへと向かいました。。。

その途中の道ですが・・・
スコータイ旧市街の道の中では、車の通りも多いし、スピードもそれなりに出しています。
サイクリング・スペースのないところも多いですのでご注意ください。



有料エリアの柵にそって自転車を走らせてると・・・
道の反対側に御池があって、その御池の小島にある寺院の基礎らしき跡に気づきました。 


 Wat Tra Phang So Wat Tra Phang So です・・・


現地で配られている遺跡のイラスト入り地図には載っていますが・・・
日本のガイド本では、今のところを表記されているを見たことはありません。
(地図に池だけ載ってるのは見たけど・・・ )

なので、名前の発音も微妙なのですが・・・
「ワット・トラ・パン・ソー」で、だぶんイイと思います。


 Wat Tra Phang So 御池に沿って入っていくと・・・


 Wat Tra Phang So 雨季のせいか、どんどんジトジトの道に・・・


写真だと判り難いかも、ですが・・・
奥の方は思いっきりジトジトしてて、自転車で行くのは断念

寺院の基礎部分くらいしか残ってないのも明白なので・・・
これで見たことにします。



「まぁ、無料の遺跡なんて、こんなもんなんかなー」
なんて思いたくなるところですが、この御池に沿って自転車で入っていった先に・・・

 ワット・ソラサック ワット・ソラサック


この「ワット・ソラサック」がありました。
プライサニーの持っているガイド本の地図には、名前だけ載っています。


 ワット・ソラサック ワット・ソラサック4


だから、いわれとかは全然判らないんですが・・・
仏塔とウィハーンだけあって、仏塔は昨日見た「ワット・チャンロムの」と同じで・・・
下でゾウさんが支える形になっています。

といっても、仏塔は「ワット・チャンロム」と比べて、そんなに大きくありません。
(遺跡としての規模も小さめ・・・ )
ただゾウさんは、こっちのほうがシッカリ残っています。
(復元かもしれまんせんが・・・ )


 ワット・ソラサック ワット・ソラサック


寺院を囲むように、道がぐるっと走っていて・・・
芝生も比較的キレイに刈られていて、お散歩がてら見て歩くのには調度いい感じ・・・
(上の2枚は、囲んでいる歩道から撮影)

ウィハーンのとこまで来てみたら・・・
ここの遺跡が、きちんと整備されているのがよく判ります。


 ワット・ソラサック7 ワット・ソラサック6


規模は小さいけど・・・
これだけ整備されてるんだから、日本のガイド本も少しは紹介してたらイイのになー
なんて思いました。
写真映えもすると思うしー



歴史遺跡公園の有料入口から道沿いでも500mくらい・・・
有料エリアの柵の一番近いとこからだと、直線で100mくらいとメチャ近いので・・・
ぜひ一緒に見てまわってしまいたい寺院の1つです。

城壁内エリアには、そんな寺院遺跡がまだまだあります。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

KAZU フットサル日本代表決定!

昨日、日本サッカー協会がフットサルW杯の日本代表を発表され・・・
メンバーの中には、注目の「KING・KAZU」も・・・
これでタイで開催されるこの大会の日本での注目度も、グッとUPすることが予想され・・・
タイ好きオッサンとしては、嬉しい限りです。


 uzak.jpg 頑張れ! アラフォーの星!!


もぅ1年くらい前から、タイで開催さいれることは知っていましたが・・・
会場が、「バンコク」3会場、「コラート(ナコンラチャシマ)」1会場ということで・・・
 「ほぉー、イサーンにもスポットが当たるんだ
と感心していました。

なんせタイでデカいイベントっていったら、「バンコク」か「チェンマイ」でしょうから・・・
でも、よく調べたら試合数はバラバラで、コラートでは少しなんですね。

日本が含まれるC組の試合が5試合が行われる他は・・・
予選の試合が1試合、決勝トーナメント1回戦が2試合行われるのみみたいです。
びみょ~


 フットサル


C組じゃなかったら・・・
バンコクに在住する多くの在タイ邦人の方々も応援に行きやすかったハズなのに・・・
まぁ、仕方ありませんが・・・



でも嬉しいですね・・・
こーいうデカい大会がタイで開催されるのって・・・

日本での「タイ」の認知度も上がるでしょうし・・・
きっと応援ツアーで初渡タイしてくれる日本人も何人かは出てくれるでしょうし・・・
しかも今回は、カズの代表選出で注目度も更にUPするでしょうし・・・

実はプライサニーも、11月の祝日と上手いこと連なって・・・
1日休んだら4連休にできるとかだったら、便乗して渡タイしようと考えていました。

そしたら・・・
文化の日(11月3日)って、土曜日だったんですね。
金曜日だったら、有給も使ってちょい弾丸で飛び立ててたのになぁ・・・


 スワンナプーム空港国内線 あ~、旅の虫がウズくぅ~


何はともあれ、カズ選手の代表選出。ちょっと期待しちゃいます。

アラフォーの星として・・・
ちょっとでも活躍してくれたら嬉しいと思うプライサニーです。


※1 ちなみに、W杯のアジア予選でもあったアジア・フットサル選手権
優勝は日本だったのですが、準優勝は我らがタイ(今大会には開催国として出場)でした!
なので、タイチームにも期待してしまうプライサニーです。

※2 「続き」でTV放送日程など、大会に関する情報をまとめています。

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

続きを読む

コカレストラン JR博多シティ

タイスキの老舗「コカ」が、2年ちょっと前に博多にも進出して来てたんですが・・・
今頃になって、ようやく行ってきました。

日本で食べると、タイ料理ってけっこー値が張るので・・・
なかなか足が向かないプライサニーでしたが、ラープが食べたくなって・・・
ちょいっと入っちゃいました。


 コカレストラン JR博多シティ 今ごろ 遅っ


さすがに、新しい博多駅ビルの中にあるだけあって・・・
めっちゃ洒落てました。
(ちょっと、落ち着かない・・・ )



それでも、食べたかったラープを頼んで・・・
一緒に氷を入れたグラスと、ビアシン(小瓶)を2本ほど頂いて、けっこーイイ気分になれました。


 コカレストラン JR博多シティ ラープ・ムー&ビアシン(小瓶)


味の方も、もう少しパクチー多めにして欲しかったけど・・・
それなりに美味しくて満足っ



あと、ソムタムとご飯も頂いて・・・
約1か月半ぶりのタイ料理を堪能してきました。 シ・ア・ワ・セ!


 コカレストラン JR博多シティ ソムタム&ラープ


ソムタムもラープも、写真じゃ判りにくいと思いますが・・・
けっこうな量ありました。
ソムタムは山盛りだし、ラープは皿から溢れちゃいそうな感じ・・・

ソムタムも普通に美味しかったし(そんなに辛くなかったけど)・・・
ビールのせいもありますが、かなりお腹いっぱいになりました。 イム・レーオ・・・


 満足 満足


でも、驚いたんですが・・・
ソムタムにのっているピーナッツって、砕かれる前のそのままの姿でした。

タイ人シェフに聞いてみると・・・
「嫌いな日本人もいるかもしれないので、避けやすいように砕かずに載せている」
とのこと。
外国(日本)で開業するのって、やっぱり大変なんですね。



で、大満足で食事を終えた訳ですが・・・
レジに行ってみると、お支払額は全部で約4,000円でした。 高けぇ~~~

メニューを見て頭で計算してみても、間違ってはいないんですが・・・・
やっぱタイ料理って、日本じゃ高級料理になんですね。
ちょっと、驚きましたねー



最後に、宣伝
コカ・レストランでは、日本人が好きな「プーパッポンカリー」もメニューにありました。
あと、「トムヤムクン」も「ガパオ」も「空芯菜」もありました。


 コカレストラン JR博多シティ コカレストラン JR博多シティ


「プーパッポンカリー」のカニは・・・
コカでは、脱皮したばかりで、甲羅まで柔らかくて食べれるカニを使ってるんだそうです。
豪華ぁ~ しかも、誰でも1人前から頼めるみたいです。
機会があったら、行って食べてみてください。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

島に建つ寺院? ワット・サーシー

1回飛びましたが、「スコータイに行った話」続編です。
今回は、城壁内の遺跡公園の中でもワット・マハタートに次ぐ広さの遺跡・・・
ワット・サーシーです

ワット・チャナ・ソンクラームの横をすり抜けて・・・
御池? お堀?
その向こうに見えてくる島になったエリアにあります。


ワット・サーシー たぶん島全体が、この寺院の敷地・・・


自転車で、島へ渡る橋に近づいて行くと・・・
白いワンボックスカーがあって、数人のファランが立っていました。


ワット・サーシー 左端にあるのが、島へ渡る橋です・・・


ラームカムヘン大王記念碑のとこで、クルマは入れない・・・ なんて書きましたが・・・
よく考えたら、ここにワンボックスがあるってことは入れるんですね。
あはは・・・ 

 ワット・サーシー ワット・サーシー


ということで、自転車を停めて・・・
案内板を1枚撮って、橋を渡ろうとしたら、大嫌っいなタイのお犬さまがっ・・・

バンコクで、ずぶっと噛まれた経験のあるBさんを知ってるもんですから・・・
あの横をすり抜けるのは、若干のためらいました。



橋を渡ると、すぐ目の前に小さな仏塔があって・・・
その奥にデカい仏塔があります。 で、小さな仏塔の前には、遊歩仏・・・


 ワット・サーシー ワット・サーシー

 
左の写真の左端に写ってるのが、橋の渡りきった所・・・

たぶん復元なんだろうけど・・・
ここの遊歩仏のお姿が、たぶんスコータイで一番しっかり残ってるんじゃないかと思います。
(あくまで個人的、主観的感想ですが・・・ )



でも、遊歩仏もありますが・・・
ここのメインは、たぶん下の仏塔とご本尊とかじゃないのかな?


 ワット・サーシー ワット・サーシー


仏塔、デカくてそれなりに見ごたえがあります。
ただ「ワット・チャナ・ソンクラーム」、「ワット・トラ・クアン」と、スリランカ様式の仏塔(チェディー)は連続して見ていたので、若干印象が薄くなってしまいます。
(まぁ、見た順番が運の尽き・・・ )
ご本尊も、よそで同等クラスの大きいのを見てたで普通。
(失礼・・・ )

これが遺跡突入の1発目だったら・・・
かなり、「うわぁー」って喜べたんでしょうけどね。順番が悪かった・・・



興味深いのは・・・
仏塔の後ろに回ると、比較的大きな御池があるとこ・・・

 
 ワット・サーシー こんな感じ・・・


この寺院の敷地全体が島になっているのに・・・
その島の中に大きめの御池があるって、なんか不思議な感じ・・・
(そんなん思うのはプライサニーだけ? )



それと、ご本尊の目線の先にも小島があって・・・
そこにも小さな遺跡があります。


 ワット・サーシー ワット・サーシー


右の写真が、橋を渡って撮った仏塔やご本尊、礼拝堂。
左の写真が、小島にある遺跡。

小島の遺跡の方は・・・
結界石でしっかり囲まれてたんで、たぶん本堂なんでしょう。


 ワット・サーシー


本堂跡をなめるように全体を撮ってみると・・・
なかなか雰囲気があって、お気に入りの1枚になっています。



ひと通り、ここを見終わった頃・・・
「なんだか橋の向こう側が騒がしくなってきたなー」って思ってたら・・・


 ワット・サーシー ちょっ! めっちゃたくさんのファランやん・・・


うぇー、どんどん騒がしくなるー

早々に退散しようと、島から出ようとすると・・・
このファランども、道(橋?)を譲ろーともしないんでやんの
デカい身体で、狭い橋を2列で歩くとは・・・

 「ちっとは道(橋)を譲れ ボケーっ

と思ったのはココだけの話・・・
※ スミマセン。 はしたない言葉を発してしまって・・・ 失礼致しました。(汗)



ヤツ等が渡り終わるのを待って、橋を渡り・・・
島の方を振り返ると、我がもの顔のファランでいっぱいになっていました。


 ワット・サーシー ワット・サーシー


そして歩道には、ヤツ等を乗せてきたと思われる
シャトルバス?が停っていました。(こんなん、あったんですね。)



この「ワット・サーシー」まで見て、城壁内の有料エリアにある遺跡は制覇した!
と思って、有料エリアを出ました。

だからこの後、観光客がどのくらい集まって行ったのか?はプライサニーには判りません。
でも早起きして清々しい気分で見学できたのは、良かったなーと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

スワンナプームの使用料値上げ

旅行者が、ドンムアン空港(旧バンコク国際空港)から帰国していた頃・・・
ガイド本なんかには・・・
「空港で空港使用料を払えるように500バーツは残しておくこと・・・ 」
といった記述があったのをよく覚えています。


 ドンムアン空港 ドンムアン@2004年


今でこそ、空港使用料は航空券購入時に一緒に徴収されていますが・・・
当時はドンムアン空港に到着してから、券売機で空港使用料500バーツを支払って、チケットを得なければなりませんでした。なつかしぃ~

そして、そのチケットと航空券を見せて出国ゲートへ向かう流れでした。。。



スワンナプーム空港ができて、初めて渡タイした時・・・
航空券代の中に、空港使用料が含まれるようになっていたのを知って驚きました。

めんどくさくなくなったけど・・・
なんだか航空券が、割高になったよーな気もしました。


 スワンナプーム空港 実際、700バーツに上がってた・・・


で今回その700バーツが、800バーツに値上げされることになりました。うぇ~っ
(2013年からです。)



まぁ考えてみたら・・・
当時は「1バーツ=3.5~3.8円」くらいで推移していて・・・
今は「1バーツ=2.6円」前後ですがら、当たり前っちゃ当たり前なのかもしれません。
最低賃金も日給300バーツにしようとしてるし・・・
(2006年ごろのバンコクの最低賃金は184バーツほど・・・ )


 高っい工事現場 おっちゃん達の賃金UPには文句ありませんが・・・


為替レートといい、最低賃金といい・・・
タイの貨幣価値、最近プライサニーの頭の中でぐちゃぐちゃになりそーな感じ・・・
物価も変わっていくだろうし・・・

まぁ、これも時代の流れというヤツなんでしょうか?



ちなみに日本の空港使用料は・・・
成田(2,040円)、関西(2,650円)、福岡(945円)などみたいです。
※ 国際線使用時・・・

最近ケロシンが下がりつつあって・・・
燃油サーチャージの負担も減ってくれるだろーから、助かるなーと思ってたんですが・・・
なかなか上手くいきません。


~~~~~~~~~~~~~
2012年10月4日 19時01分
バンコク空港、来年から使用料値上げ

 タイ国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は2013年から、バンコク郊外のスワンナプーム空港の空港使用料を国際線で100バーツ引き上げ800バーツに、国内線で50バーツ引き上げ150バーツにする方針だ。

newsclip」より



にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

スコータイ歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ事情

前回紹介した「ワームカムヘン大王記念碑」の広場を・・・
ぐるっと回って裏側へ来ると、裏は裏でキレイに整備されたスペースがあります。

 
 ラームカムヘン大王記念碑


その整備されたスペースの向こうには、植え込みがあって・・・
更にその向こうは、まぁ、歩道沿いはキレイになってるんだけど、その奥は芝生がけっこうのび放題になってる感じ?
「ちょっと・・・ そんなに奥までは手入れできねーよ・・・ 」的な感じになっていました。



そんな感じの先に・・・
ちょっとした小屋があって、トイレになっていました。


 歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ


こんな奥の方までトイレに行く人って、いるんでしょうか?
そう思っても不思議じゃないくらい奥だし、そのすぐ先は木々でうっそうとした感じ・・・

でも、そんなトイレでも・・・
ちゃんと管理(トイレ番?)してるっぽいオッちゃんがいました。


 歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ パラソルまであるしー


実は、プライサニー・・・
「ワット・トラパン・ングン」を出たあたりで、ちょっとトイレに行きたかったんで・・・
何箇所か探してまわったんですが、どこも鍵がかかってたんです。

 うっぷ・・・ トイレ行きたい・・・

でも、行きたいからって、鍵をこじ開けれる訳でもないし・・・
「これは少しガマンして、後で博物館で借りよう。」
なんて思って、急ぎ足で城壁内の残りの遺跡を見てまわってたんです。


 歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ ココのトイレも、鍵がかかってた・・・


そしたら、あんな風にオッちゃんが座ってるじゃないですか・・・
も~、それは、それは、助かりましたょ~

 九死に一生やったぁ~

まぁ、それだけの話です。
でもホント、あそこに空いているトイレがあって助かりました。



で今回の2枚目のトイレの写真にお堀っぽいの?が写ってるんだけど・・・
その先にあったのが、ワット・トラ・クアンです。


 ワット・トラ・クアン


ここも日本のガイド本とか、探せど探せど・・・
まだ関連する記述を見つけることはできていません。(地図に名前だけ載ってるレベル・・・ )


 ワット・トラ・クアン ワット・トラ・クアン


それほど大きくない仏塔と礼拝堂の基礎が残るのみ・・・
柱すら残っていません。

仏塔の前の歩道を、そのまま左へと10mも進むと城壁内の歴史遺跡公園の敷地の端になります。
(出入りはできないようです。)
そんな地味系なんで、写真だけ撮って・・・
あと1つ残っている有名遺跡を見ようと、自転車を走らせました。



で、ですね・・・
自転車で移動しながら、さっき鍵がかかってたトイレの前を通ったら・・・


 歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ タイ人が3人、ダベってて・・・


 鍵が空いていました

で、ここのトイレ番らしき中年タイ人が、鍵、持っとりました・・・

 お、お、お前が鍵しとったんかぁー

そのあと何か所か、鍵のかかっていたトイレの前を通過したんですけど・・・
たいていは、トイレ番らしきタイ人が座っていました。
あはは・・・
あの時は、まだトイレ番が来てなかっただけだったのね・・・ 



ちなみにトイレの中は・・・
意外にキレイな感じになっていました。(鍵をかけるだけのことはある・・・ )


 歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ 歴史遺跡公園(城壁内エリア)のトイレ


しかも、便器もタイ式のポッチャンじゃなくて、洋式のヤツでした。
でも手桶と水はなかったけど、尻シャはアリ・・・



よくよく考えてみれば・・・
夜から朝にかけては、鍵かけるのは当たり前かもしれません。
変なヤツが入り込んでもいけないし・・・

ということで・・・
スコータイ歴史遺跡公園(城壁内)は朝6時から入場OKだけど、トイレ番が出勤してくる9時前後まではトイレは使えない可能性が高いようです。(未確認ですが・・・ )
「早朝から遺跡を見てまわろう!」
って方は、気をつけていた方がイイかもしれません。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

ラームカムヘン大王記念碑

歴史遺跡公園に入って真っ直ぐ100mほど歩き、北側に進むと・・・
スコータイ王朝の基礎を築いた、「ラームカムヘン大王記念碑」の置かれた広場があります。

ちょうど前回紹介した「ワット・チャナ・ソンクラーム」と・・・
歴史遺跡公園の最初に紹介した「ワット・マイ」の間あたりの位置でしょうか。


 ラームカムヘン大王記念碑 ラームカムヘン大王記念碑


この御池の手前にも、広い駐車場?があります・・・
プライサニーは、この歴史遺跡公園って車の進入はできないと思っていたんですが・・・
車も入れるみたいですね。 



ラームカムヘン大王は・・・
スコータイ王朝の勢力圏を、現在のタイ領土の大部分(一部はそれ以上)に広げ・・・
上座部仏教を庇護し、国教としてたくさんの寺院が建立される環境を整備したり・・・
タイ文字の基礎となる文字体系を作ったり・・・
スコータイ王朝(ひいては現在のタイ)の基礎を作り、発展に尽力した偉大な王さまです。


 ラームカムヘン大王記念碑


その活躍は、タイ文字で書かれた最古の石碑で・・・
「水に魚あり、田に稲あり」のフレーズで有名な、「ラームカムヘン大王碑文」にも書かれてあります。



余談になりますが・・・
タイの王さまの中でも、「大王(マハーラート)」として崇められているのはごく僅かで・・・
このラームカムヘン大王と、アユタヤ時代のナーレスワン大王・・・
そして現王朝のラマ5世であるチェラロンコーン大王が、タイの三大王とされています。


 ラームカムヘン大王記念碑


ブロンズ像が持っているのは、仏教の経典であり・・・
スコータイの民衆に、その教えを説いている姿なんだそうです。


 ラームカムヘン大王記念碑 ラームカムヘン大王記念碑


大王像の横には、並ぶように左右2枚づつのレリーフが・・・
また1段下のスペースにも左右向き合うように1枚づつのレリーフがあり・・・
当時の治世に、思いを馳せることができます。



大王の座っている場所からは・・・
スコータイの遺跡は、こんな風に見えるのかな???


 ラームカムヘン大王記念碑


いろんなサイトを見ると・・・
たくさんのタイ人参拝客が来ているようでしたが、午前中の早い時間だからか? 
この時は、ほとんどお参りに来ている人はいませんでした。

もしジックリ記念碑を見たいのだったら・・・
プライサニーみたいに、早い時間に来るのが良いのかもしれません。



※ ラームカムヘン大王の時代のスコータイ・・・
ランナータイ勢力があるチェンマイ周辺、クメール勢力があるイサーンの一部を除く現在のタイ領土および
マレーシア、シンガポール、ラオスのビエンチャンやルアンパバン、ミャンマーの一部にまであった地域の
領主に対して、忠誠を誓わせた集合勢力だったとされています。


にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ

歴史遺跡公園の名前にピッタリの印象のワット・チャナ・ソンクラーム

日にちが空きましたが、「スコータイに行った話」です。
歴史遺跡公園の奥めにあった「ワット・トラパン・ングン」から入口側へ戻って来ようとすると、目に入ってくるのが「ワット・チャナ・ソンクラーム」です。


 ワット・チャナ・ソンクラーム キレイに刈られた芝生がキモチ良い・・・


チャナは「勝利」、ソンクラーム「戦い」ということで・・・
戦勝寺院って意味なんかな???

同じ名前の寺院が、バンコクのカオサン通りの近くにもあって、そこは・・・
お祈りすると「どんな困難にも打ち勝てる」なんていうご利益があるそうなんですが・・・
ここも同じような意味合いがあるのかもしれませんし・・・。
隣接する国々との戦への勝利を願って建立されたのかもしれません。


 ワット・チャナ・ソンクラーム ワット・チャナ・ソンクラーム


ただ遺跡として印象的なのは・・・
見て判るとおり、デカい仏塔くらいです。



歩道に沿って、寺院の周りを進んでいくと・・・
芝生の木陰になっている所に、鳩より少し小さいくらいの鳥がたくさんいて癒されます。


 ワット・チャナ・ソンクラーム ベストショット!


かなり近づいても逃げないんですよね~
ついつい、何枚もシャッターを切ってしまいました・・・



そのまま、自転車を押し進めていくと・・・
仏塔が真横くらいまで来た辺りで、道の反対側にちょっとした祠がありす。

タイでは昔から、バラモンなどの教えに従い・・・
新しい街を造る際には、その中心となる場所に柱を建てて永遠の発展を願います。
その柱には、偉大な霊力が宿ると信じられていて・・・
どこの街でも、多くのタイ人が参拝に訪れるんだそうです。


 ラクムアン その柱を「ラクムアン」といいます・・・


そして、この祠に祀られている小さな柱が・・・
スコータイ王朝の首都スコータイの「ラクムアン」になります。


 ラクムアンごしのワット・マハタート ラクムアン


この「ラクムアン」の・・・
右側の歩道の向こうに、「ワット・チャナ・ソンクラーム」があって・・・
左側の水濠の向こうに、王宮寺院「ワット・マハタート」があります。

そう考えると、日本のガイド本では、ほとんど解説はありませんが・・・
「ワット・チャナ・ソンクラーム」って、かなりの位置づけの寺院だったのかもしれません。



「ラクムアン」から、更に歴史遺跡公園の入口側へ進むと・・・
ようやく、この「ワット・チャナ・ソンクラーム」の正面側に出てきます。


 ワット・チャナ・ソンクラーム ワット・チャナ・ソンクラーム


正面側からの方が、迫力があるように感じるのはプライサニーだけでしょうか?

案内板を越えて正面側には、本堂でしょうか?
基礎部分だけでなく、しっかり柱も少し残っています。


 ワット・チャナ・ソンクラーム ワット・チャナ・ソンクラーム


でも、この本堂?(礼拝堂?)を抜けると・・・
もう後は仏塔だけですねー
日本のガイド本で、ほとんど記述されてないのも判る気がします。


 ワット・チャナ・ソンクラーム ワット・チャナ・ソンクラーム
 

ただ、芝生や木々は・・・
(プライサニーのエントリーでは後回しになったけど・・・ )
「ワット・マハタート」と並んで、ここ訪れた観光客に一番目に入りやすい場所だからでしょうか?
気持ちイイくらい、めっちゃキレイに整備されていました。


情報が少ない寺院なので、大きく取り上げにくいですが・・・
とっても良く整備されていて・・・
プライサニーが持っている歴史遺跡公園という名前の印象に、ピッタリの寺院遺跡でした。



にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ  人気ブログランキングへ

期待の遊歩仏は意外と小さい?! ワット・トラパン・ングン

ワット・シー・サワイから・・・
まさにサイクリングロードといった感じの森林を走っていると・・・


 サイクリングコースのような歴史遺跡公園 サイクリングコースのような歴史遺跡公園


こんな感じで、ちっちゃな遺跡がたくさん目に入ってきます。
写真は撮ったものの・・・
遺跡名を調べようと思っても、案内版もないし、現地でもらった紹介地図にも載っていません

名前はあるけど判らないのか?
名前もない遺跡なのか? 果たして、どちらなのでしょうか?
そんな遺跡が、森林の中にたくさんあります。



この森林が開けてくると、大きな池が見えてきます。
「銀の池」と呼ばれ、今朝寄った市場の近くにある池(金の池)と対になっている池です。
そして池が見えると、その向こう側に寺院遺跡が見えてきます。


 ワット・トラパン・ングン ワット・トラパン・ングンです・・・


この池に沿って自転車を走らせていると・・・
細長い橋がかかっている小島が見えてきて、細い小橋がかかっています。


 サイクリングコースのような歴史遺跡公園 


ここで自転車を停めて、小橋を渡ってみましょう。


 ワット・トラパン・ングン ワット・トラパン・ングン


ホントにちっちゃな島で・・・
小さな礼拝堂(ウィハーン)の基礎部分と柱の下の方だけしか残っていません。
けっこう寂しい・・・



この小島の礼拝堂も・・・
名前とか全然表示なくて、無名な遺跡なのかなぁ~
なんて思っていました。


 ワット・トラパン・ングン ワット・トラパン・ングン


でも、ワット・トラパン・ングンの案内板を見てみたら・・・

右の復元図で判るように・・・
(ヘンなんですけど、青いトコが陸地で、白っぽいトコが銀の池です。)
この小島の礼拝堂は、ワット・トラパン・ングンの一部でした。

銀の池までを、この寺院の敷地と考えたら・・・
めっちゃ広い寺院です。


 ハスの花


池には、ハスの花がたくさん・・・
スコータイの時代から、こんな感じだったんでしょうか?
洒落とぉーねぇー



さて、この寺院のメインのトコに行きましょうか・・・


 ワット・トラパン・ングン


ちっちゃな祠?の手前には・・・
ガイド本にもよく出ている遊歩仏が置かれています。

等身大より1回りくらい大きいサイズくらいでしょうか?
思っていたより全然小さいです。


 ワット・トラパン・ングン ワット・トラパン・ングン


これ見るの、けっこー楽しみだったりしてたので、微妙に残念・・・
お姿はキレイに残ってて美しいんですけどね。

あと配置されている場所が、なんか中途半端ぁー
昔から、この場所だったんでしょうか? 他の場所から移されたんじゃない?
そんな気が・・・
でも・・・ 楽しみにしてたんで、見れて嬉しいです。



続いて本堂とご本尊と仏塔・・・
タイでよく見る並びの、いわゆるフツーな感じと思ったんですが・・・


 ワット・トラパン・ングン ワット・トラパン・ングン
 

スコータイ遺跡の特徴でもあるハスのつぼみ型の仏塔は・・・
帰国してから知りましたが、4方向に細身の立った仏さまが安置されています。


 ワット・トラパン・ングン ワット・トラパン・ングン


確認してみたら、ちゃんと写ってました。
行く前に、しっかり予習をしとかなきゃダメですね。



ワット・トラパン・ングン・・・
遺跡自体は少なめですが、広い敷地とかを考えたら、昔はきっと立派な寺院だったんでしょうね。
全体的な雰囲気も、なかなかよろしくて好きかなー

お弁当とか持って、ピクニック気分で来るとイイかな・・・
なんて思ったプライサニーでした。



にほんブログ 日本村 旅行ブログ タイ旅行へ  人気ブログランキングへ
訪問者数
プロフィール

プライサニー

Author:プライサニー
ไปรษณีย์
5歳まで父親の仕事の関係でタイにいたらしいです。
でも…
全然、記憶にありません。
たまたま20数年ぶりに渡タイして以来、タイが好きになってハマってしまいました。
いつの日かタイに住むことを夢見て日々を過ごしています。

今年はもう少し多めに更新したいと思っています。
コメント大歓迎です。
気軽に書き込んでってください。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
ランキング登録サイト
明日の更新の励みになります。             1クリック頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 
                                                                                     人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の星座ランキング
developed by 遊ぶブログ
お勧めタイ商品
                                                         
管理人より・・・
当ブログはリンクフリーです。                    コメント欄にコメントと共に「相互リンクを希望する旨」をお書き頂ければ、当ブログからもリンクさせて頂きます。                                        ただし、スケベ系の内容のサイトと判断させて頂いた場合などにはリンクをお断りさせて頂く場合があります。

2009.09.14                     管理人:プライサニー              


拙ブログは、少しでも多くの日本人の方々にタイを好きになって頂きたく、再度オープンさせて頂きました。
その趣旨からもご投稿いただけるコメントは、タイに関して好意的なものを希望しております。
否定的なコメントはご遠慮頂けますと幸いです。

2010.07.01 
管理人:プライサニー


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト


いつも心にタイ国旗を!!
検索フォーム
全国のタイフェスティバル等
<東京のタイフェス>
12.05.12~12.05.13
●渋谷区代々木公園

<大阪のタイフェス>
12.05.19~12.05.20
●大阪城公園 太陽の広場

<名古屋のタイフェス>
12.05.26~12.05.27
●久屋大通公園


<アジア太平洋フェス>
2012年の予定はまだ未定です
●マリンメッセ福岡
     
リンク
タイの宿
~ バンコクの宿 ~~

★オンヌット駅から最至近の宿★
 この宿についての記事を読む
 グリーンベルズ・オンヌット

★豪華さならトップクラス★
 この宿についての記事を読む
 アマンタ・ラチャダー

★初渡タイで泊まった高級宿★
 この宿についての記事を読む
 プレジデント・ソリティア

★昔のプライサニーの定番宿★
 センターポイントサラデーン
 センターポイント・サラデーン

★アソークのお得な宿★
 シタディン23
 シタディン・スクンビット23

★アソークの隠れ家的宿★
 アドミラル
 アドミラル・プレミア

★エンポリアムも徒歩圏★
 アダルフィ
 アダルフィ・グランデ

★お部屋が広い★
 プレジデントパーク
 プレジデント・パーク
 

~ スコータイの宿~~

★遺跡から1kmの洒落た宿★
 この宿についての記事を読む
 レジェンダ・スコータイ
 



リンク
情報提供・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイに住みたい!!
DSC00206_プラグ DSC00265_プラグ DSC00205_プラグ DSC00204_プラグ DSC00245_プラグ DSC00212_プラグ DSC00202_プラグ DSC00197_プラグ DSC00208_プラグ DSC00201_プラグ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。